米国の景気減速懸念が強まり、米国株&日経平均株価の下げ材料だが...今週の展望は?(12月19日~12月23日)【株と為替 今週のねらい目】

どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

kaisha_20221016224735.jpg

■東京株式市場 軟調な展開か

東京株式市場見通し(12月19日~23日)
日経平均株価予想レンジ:2万7000円~2万7800円

2022年12月16日(金)終値 2万7527円12銭

今週の東京株式市場の日経平均株価は、軟調な展開か。

前週の東京株式市場の日経平均株価は、反落した。14日のFOMC(米連邦公開市場委員会)では予想通りに0.5%の利上げと利上げ幅が縮小されたものの、2023年末の政策金利中央値が5.1%と引き上げられた。それにより、利上げ期間の短縮観測が後退、米国株が大きく下げたことで、日経平均も下落した。

今週の日経平均株価は、引き続き、軟調な展開となりそうだ。

米金融引き締めの長期化に加え、米国の景気減速懸念の強まりで、米国株の軟調な展開が予想される。これまで、米経済指標の悪化は、利上げペースの減速につながるとの見方がされていた。だが、現状では景気悪化懸念の高まりに拍車をかけており、米国株の下げ材料となっている。

米国株の下落が日経平均株価の下げ材料となっているだけに、米国の経済指標の結果には注意が必要だ。

■東京外国為替市場 ドルが底堅い動きか

東京外国為替市場見通し(12月19日~23日)
ドル・円予想レンジ:1ドル=135円00銭~139円00銭

2022年12月2日(金)終値 1ドル=136円69銭

今週の外国為替市場でドル円相場は、ドルが底堅い動きか。

前週のドル円相場は、ドルはもみあいだった。14日のFOMCで政策金利中央値が5.1%と引き上げられたことで、ドルは一時1ドル=138円台前半まで買われた。もっとも、米国の経済指標が市場予想を下回ったことで、景気減速懸念が強まり、ドルは1ドル=136円前半まで下落した。

今週のドル円相場は、ドルが底堅い動きとなりそうだ。

米国の景気減速懸念が強まっていることで、ドルの上値は重くなっているものの、米国の金融引き締めの長期化がドルの下値を支えており、ドルが大きく下げる地合いにはない。ただ、米国の経済指標の結果次第では、相場が大きく振れる可能性もあるため、注意が必要だろう。

◆国内外、今週発表予定の経済指標は?

経済指標は、国内では19日に日銀金融政策決定会合(20日まで)、20日に黒田日銀総裁会見、22日に10月景気動向指数、23日に日銀金融政策決定会合議事要旨(10月27、28日開催分)、11月全国消費者物価指数などの発表が予定されている。

海外では20日に米国の11月住宅着工件数、21日に米国の11月中古住宅販売、米国の7-9月経常収支、22日に米国の7-9月期GDP(国内総生産)、米国の11月景気先行指数、23日に日銀金融政策決定会合議事要旨(10/27~28開催分)、11月全国消費者物価指数、米国の11月耐久財受注、米国の11月個人消費支出、米国の11月個人所得、米国の11月新築住宅販売などの発表が予定されている。

(鷲尾香一)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?