気象とPOSのデータで売れる商品を予測、小売業向け「売りドキ!予報」

気象とPOSのデータで売れる商品を予測、小売業向け「売りドキ!予報」

小売業向け「売りドキ!予報」提供開始

 日本気象協会は、小売業向けの商品需要予測サービス「売りドキ!予報」の関東版を4月23日に提供した。商品を550カテゴリ以上に細かく分けた「スタンダード」(月額料金は7万円)、約120カテゴリに分けた「ライト」(同5万円)の2プランを用意。今夏に全国版を販売する予定で、2019年度内に100店舗、3年後に約1000店舗の導入を目指す。
 売りドキ!予報は、日本気象協会が気象条件に伴って予測した商品需要のレベルに基づいて設定した7ランクの指数情報と気象情報、販促カレンダー(MDカレンダー)を搭載したウェブサービス。過去の気象データとPOSデータを解析し、「惣菜」「青果」「精肉」「鮮魚」「日配」「グローサリー」「日用品」の分野に含まれるカテゴリについて、気象条件に伴う売上傾向を予測する。

関連記事(外部サイト)