ブログ、SNS 個人発信の「ひとりメディア」で訴えられたらどうする?

ブログ、SNS 個人発信の「ひとりメディア」で訴えられたらどうする?

左から山本一郎さん 、井上理さん、徳力基彦さん

SNSやブログなどで、誰もが情報発信の可能な時代。一人でニュースを発信することの可能性とリスクとは何か? ブロガー・山本一郎さんと、ジャーナリスト・井上理さんによる対談後編では、「なぜ個人で書き続けるのか?」をめぐって。(4月24日に開催されたイベント「#メディアミートアップ vol.6:一人のメディアはどこまで行けるのか」より抄録。司会は徳力基彦さん/全2回の2回目・ 前編 より続く)

■書くエネルギーのスイッチが入るときは?

徳力 ブログは結局のところ、掲示板(BBS)と記事が混ぜあわさった初めてのツールだと思いますが、山本さんも読者からのフィードバックは気にされているんですか。

山本 反響があるなしよりは、自分自身にそれを知りたいという欲求があるかないかです。手あたり次第に調べていくことに生きている感覚があるというか、知りたいことがわかった時点でじつは満足なので。実際どれだけ調べて記事を書いても、書かないことのほうにこそ、じつは真実があって、取材先の方の人間味や本音、考えていることが含まれている。それを自分のなかに蓄えておいて、似たような構図の次の事件とか別の関連事項に生かすことを繰り返すことで初めて、そこで書き手としての力が養われるんだと思います。

徳力 書くエネルギーのスイッチが入るときは?

山本 社会問題化したあと、もしくは問題化しかけそうなときですね。だけど自分の調べられるエリアは決まってますので、そこで発生するのが情報のバーターです。欲しい情報に詳しいひとと交換できる情報を自分がもっているかどうか。

徳力 これは記者とは真逆の思考回路と思っていいですか。

井上 どちらかというと、山本先輩はインテリジェンスのほうのひと。これあげるから、それをくれというのは、世界中のスパイが何十年とやってきている、まさに情報の等価交換という不文律です。

■ポジティブにバズッた原体験

徳力 井上さんの情報発信が現在のスタンスになるきっかけのような記事はありますか。

井上  2009年に、コロプラという会社の位置情報サービスを利用したゲームアプリが革命だと思って取材を進めていくと、九州の有田焼店の60か70歳ぐらいのご店主が、コロプラのおかげで若いお客さんがすごく増えたと言って目の前で泣きはじめたんですよ。地方で一所懸命やってきたおじいちゃんに喜びを与え、ゲームユーザーもそれを楽しんでいるという、すごくWINWINな仕組み、こういうことはちゃんと伝えていくべきだと思いました。馬場社長にもインタビューできてうまくストーリーにできたので、すごく、しかもポジティブにバズッた。それが今のスタンスにつながる原体験のひとつですね。

■特定の媒体ブランドに依存しすぎるリスク

徳力 山本さんの原体験がパソコン通信であることはうかがいましたが、ブログを始められてからは何かありますか。

山本 他の出店に出してきたコンテンツを自分のブログから発信しなければ沈んでいくと確信したのは「アブラハム問題」(投資利回りの誇大広告)のときですね。逆にいまはもう、ブログだけやっててもダメだと思います。

徳力 どうすべきだと?

山本 昔は、自分の名前を冠した昔ながらのブログを拠点にして、頼まれた記事を外でちょいちょい書くというスタンスでした。しかし、個人ブログが世間の情報の中心ではなくなっていった。なので、培ったブログは捨て、自分の名前でいろんな媒体にポータルに出ていって、ネット上で常に一定の数、自分が書いた記事が流通しているという状態をキープすることが必要なんです。新しいものを読んでもらうためには、これまでのブランドと違う出店を用意して署名記事を書く。昔のSNSって文章の最初の部分が引用されましたよね。最初のころの記事を「山本一郎です」ではじめていたのはそういうことだったんです。

徳力 一巡して、個人サイトに限界がみえてきたと。

山本 ただし、ブランドに依存しすぎると自分が書いている意味がなくなるし、ブランドと書き手が一蓮托生の関係になってしまうと、ミクシィとかケータイ小説みたいに、そのジャンルやブランドの衰退とともに沈んでいくことになる。自己メディアで、自分の名前や興味、問題意識、持っている知識をより多く届けたいならツールのブランドにこだわるべきではない、だけど特定のツールに依存もしないというのがいまの結論です。

徳力 井上さんは独立されて、これからはさまざまな媒体に書かれていくわけですが、いかがですか。

井上 どの媒体がどうってことは、まだよくわからないので、「これ、どこに載せたい?」って、取材先に聞いてしまおうかと。

徳力 それは新しい手法ですね。個人でのネット系の発信は今はTwitterぐらいですよね?

井上 組織上、個人での情報発信は制限されていたんです。そのせいもあって、すごくめんどくさくなって、リツイート以外はいっさいやめました。

山本 私なんて「リツイートするな」って向こうから言ってくるんですよ。あなたにリツイートされるとクソリプを寄越す奴がいっぱいやってきて、自分が望まない方向にいくのでやめてくださいって(会場爆笑)。

■「イェーイ、内容証明届きましたー」って

徳力 実名を出すことへの恐怖心のようなものはありませんか。

山本 それに慣れてしまった自分が怖いです(笑)。脅迫状とか怪文書なんて月2回はあります。

徳力 以前、ブロガーの飲み会にいつもどおり遅れてきた山本さんが、開口一番封筒を取り出して、「イェーイ、内容証明届きましたー」って(会場爆笑)。にしても月2回はちょっと多くないですか?

山本 むしろ横ばいで、安定してきた状態。肝を冷やしても勉強になったのは、木村剛さんの日本振興銀行やインデックスグループの循環融資や企業乗っ取り、地上げなどの嫌疑を書いた記事のときですよね。訴訟するぞと内容証明がきたんですけど、たぶん向こうはこちらのバックグラウンドを知らないから脅せば押さえこめると思ってるんですよね。こちらとしては脅されたネタでもうひとつ記事が書けるから、むしろ万歳ですよ。ただし、普通に記事を書かれる方は名前は出しても自宅の住所と勤め先、このふたつは絶対に出さないほうがいいです。

■訴えられたらどうするか?

徳力 井上さんは訴えられたことってあるんですか。

井上 個人ではなく媒体としてですけど、某家電量販店に最高裁までネチネチやられました。確実にウラをとって、絶対の自信がないかぎり書きませんから、負けることはまずないですね。

山本 それ、基本だと思います。物書く以上は絶対に「飛ばし」ちゃダメですよ。訴訟になると、介在する問題に対して互いの認識が違うということはよくあるんです。だけど、そもそもワンソースのみで書くことがないのでそうそう負けません。

徳力 記者の立場でも、訴えられる可能性がある記事を書くことがあるんですか。

井上 書きます。ただ、組織には顧問弁護士がいるわけですよね。これからそれがなくなったときの訴訟にどう対応するか。山本さんには顧問弁護士がいるんですか。

山本 まず私自身のやる気があります。(会場爆笑)

徳力 参考になんないなぁ(笑)。個人だと訴訟はすごく怖いんですけど。

山本 むやみやたらに訴えられたくないなら、書きかたのテクニックも必要ですし、著作権だとか名誉毀損に強い顧問弁護士も見つけておくこと。こちら側から訴えることもあるので通称パカ弁と呼ばれるネットの切った張ったに詳しい、IPアドレスから発信者情報を開示させる実務に詳しい弁護士とか。そういうひとたちは裁判経験もたくさんあるので作業が速いです。

■ネットで記事を書いているうちに侘び寂びが理解できるようになった

徳力 山本さんはひととおり取りそろえているんですか。

山本 むしろ、ネットで記事を書いているうちに侘び寂びが理解できるようになった、という感じでしょうか。あと、よく相談されるのが弁護士事務所からくる警告書。あれでビビって記事を消しちゃうひとが多いので、ネット対策の第一にされている側面がある。だからこちらも専門家と連携して逆に記事をたくさん書いて拡散したり、他の嫌疑を記事に書いて、抑え込もうとする動きに対抗します。ちゃんと裏付けを取って記事を書き、相手にも裏からでも取材して意向を聞いて、やるべきことをちゃんとやれれば裁判というのはそんなにひどいことにならないです。

徳力 でも、裁判所に行ったりとか、イヤじゃないですか?

山本 それがイイんですよ。裁判所っていうのは真剣勝負のゲームセンターみたいなもんで。対戦台に座ったら向こうから「Here comes a new challenger!」みたいな感じです(会場爆笑)。もちろん、相手にも立場や主張もあるわけですし、裁判官も真面目に臨んできますから、きちんと対応する、どんな相手でも尊重するのは大前提です。

徳力 本当に普通の人の参考になりませんねぇ(笑)。井上さんのようなビジネスメディアは、訴訟のリスクをかかえていることはあまりないと思いますけど。

井上 そうですね。それでもWELQ問題のときには、記事中に出てくる方の顧問弁護士さんとメールでやりとりしましたけれど。

山本 そんなの踏みにじっちゃえばいいんですよ(会場爆笑)。事実は事実として、裏付けのあるものは書いてしまえばいい。

徳力 外見的には商業メディアだけど、じつは個人や数人でもち出しでやってますみたいなサイトにとっては、訴訟問題ってやっかいな部分だと思いますけど。

■勝手に記事が削除された

山本 某媒体としか言えませんが、寄稿した媒体と訴えてきた相手が勝手に和解しやがって、ヒヨってこのわたくしの記事削除しやがったことがあります。いや、消すは消すでしょうがない。最近は拡散したものまで整理しろって言われるケースも増えてますよね。たぶんスラップなんでしょうけど、フォロワー数×200円払えとか。困っているのであれば対応しないわけではないのに、訴訟だとか言うからこっちも戦闘ゲージがあがってくるじゃないですか。普通にご相談いただければいいのに。

井上 それは示談みたいな? 金銭で解決したり?

山本 いや、それやったら総会屋になっちゃうので。業界で顔見知りの会社でも記事を書くのですが、研究会で幹事なのでそこに研究費のお支払い相談の連絡をしたら、どこかの左翼がそれを聞きつけて「批判してる会社を脅して裏から金を取っている」とか言いがかりをつけてきたりします。本来は批判する先こそちゃんと取材しないといけないし、世の中100%悪い存在なんてないのだから、良い部分を見て付き合う、悪い部分は批判し叩くって当たり前のことだと思うんですけどね。

徳力 どうですか、山本さんのこういうスタンス。

井上 いや、みんな山本さんのことをいろいろ、悪く言う人もいますけど。

徳力 実際悪いこともしてますよ、うちの会社も倒産しろとかいう記事を書かれて、社名で検索するとしばらくあれが1ページ目にっていう(会場爆笑)。山本さんは、やりすぎて自分のパンチの強さをときどき忘れることがあるんです。

山本 あれは本当に申し訳なかったです。最近はかなりマイルドにしてるんですよ。

■ネットで書く、業界の単価をみんなで底上げしていきたい

徳力 最後に、これからの若手はどうすればよいのかということを聞かせてください。いまの若いひとはチャンスがなかなかもらえないから、WELQのひと記事1000円みたいなのを書かざるを得なくなる。でも書いたものに反応があるのは嬉しいからそっち側の安くても書きますみたいな人がどんどん増えて、ステマと結びついてしまうのは問題だと思うんですけど。

山本 しょっぱい話ですけど、私らが私らの時代の特性もあって、書きたいことを書いてはい上がってきた軌跡をいまの若い人に負わせるのは酷だし、同じようにやったら成功するぜとは絶対言えない。ただ、言えないからこそプリンシプルってやっぱりあって。まず最初に必要なのは、正しいと思いこめるものを書くこと。そして書く速度高めて書ける量を自分のなかで確保するという、この2つを折れずにやってみる。自分のなかに書くために集中する意識をもつというのはものすごく大事です。

徳力 量と質両方ないとだめなんですね。

山本 まずは量ですね。音声入力を使いながら書くスピードを速めるのも必須のスキルになってきたので、私の場合は30分で2000字がベーシックなところです。あとは見合う金額が支払われない現実にどこまで心を折らずに書き続けられるか。あるいはいろんな仕事があるいま、楽しくやりたいなら本業をもって、書きたいことは別でやればいいと。

徳力 井上さんはどうですか。

井上 僕はすごい遅筆なので速度を上げていかなきゃと思っているところです。あとはやっぱりフリーランスへの発注単価が低いので、安かろう悪かろうという現状は変わっていない。そうならないように、労働組合みたいなものを作って業界の単価をみんなで底上げしていきたいですね。

山本 組合、いいですね。物書きっていうのはダンピングされた、ものすごくアンフェアな業界で、食える職業になってないですからね。

徳力 お金儲けだけしたいのであれば、メディアよりも効率良い業界はいくらでもあると思いますけど、ちゃんと情報発信している人が正当なお金をもらえる業界になるといいですよね。

写真=平松市聖/文藝春秋

やまもと・いちろう/1973年東京都生まれ。作家、個人投資家。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わりつつ、介護と子育てと投資と研究に人生を捧げている。

いのうえ・おさむ/1974年静岡県生まれ。ジャーナリスト。日経BP社『日経ビジネス』『日経ビジネスオンライン』で電機・IT業界などを担当。著書に『任天堂 “驚き”を生む方程式』『BUZZ革命』。

とくりき・もとひこ/アジャイルメディア・ネットワーク株式会社代表取締役社長。ブロガー。NTTやIT系コンサルティングファーム等を経て、2006年にアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーの一人として運営に参画。

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)