V・ファーレン長崎 高田明社長が語る「ゼイワン優勝」ともう一つの夢

V・ファーレン長崎 高田明社長が語る「ゼイワン優勝」ともう一つの夢

高田明さん

「ジャパネットたかた」でおなじみ、同社創業者の高田明さんがJリーグのクラブチームV・ファーレン長崎の社長に就任して1年。長崎出身だからこその地方創生への想いを、本拠地のある諫早市で伺いました。(全2回の2回目/ #1 より続く)

■「地銀統合は自然な姿」発言の真意

――V・ファーレン長崎という地域密着のクラブチームを経営されている高田さんが先日、「地銀統合は自然な姿」とお話しされてニュースにもなっていました。地方経済を支える地銀は「再編時代」に入ったと言われて久しいですが、あらためてこの発言の真意をお聞かせいただけますか?

高田 言葉通りの意味で、難しい話ではありません。私たちの長崎県では今、親和銀行と十八銀行の統合の話が進んでいます。ところが、公正取引委員会がそれに待ったをかけている状態にあった。県内の融資の7割を占めてしまう状態になる恐れがあるため、という理由からです。しかし私はもう、地方銀行の統合は時代の流れだと思うんです。マイナス金利の時代となって、銀行にとってバブル時期のどんどん儲かる状況は遠い昔となりました。そんな中で、地銀の店舗は市内で隣り合っているような場合さえあり、それではお互い成り立っていかないでしょうと。それよりも両行のみなさんが長崎県の活性化を考えて統合しようとしているなら、それを信じて支援すべきだと思ったまでです。

――高田さんの地銀との関わりで有名なお話として、地元の飲み屋でたまたま出会った十八銀行の支店長に、翌日5億円の融資をしてもらったというエピソードがありますよね。

高田 弟とカウンターで飲んでいる時に、お店の人が「ちょっと紹介したい人がいるんだけど」って隣の人とつないでくれた。その方が十八銀行佐世保駅前支店の支店長さんで。当時の僕の会社はラジオショッピングを全国展開し始めた頃で、商品倉庫やコールセンターも拡充しなければならなかったし、とにかく新社屋が必要になっていたんです。その建設のための融資先を探していたので、「支店長、5億円ぐらい融資してもらえませんか?」って初対面なのにお願いしました。それで、翌朝その支店長さんを訪ねて行ったんです。すると支店長も、酒場では面食らいながらも僕が何をやっているかすぐに確認してくれたんでしょう。迅速に融資を判断してくださった。それでビルを建てることができたんです。おかげでラジオショッピングを始めた当初3億円だった年商は、ビルが建った年に43億円にまで達しました。

――そこは地銀ならではの地元同士の助け合いのようなものなんでしょうか。

高田 いや、出資という意味ではそれは都銀でも同じことだと思います。ただ、地銀には顧客との地縁が得てしてありますよね。特に地方の商店、中小企業にとっては何か困った時に相談できるのが地銀さんという存在なんじゃないですか。

■アウェーに行くと囲まれます

――「ジャパネット」は長崎に本社を置いていますが、今地銀に求められていることとは何だとお考えですか?

高田 たとえば跡継ぎがいないという「事業承継問題」にどうアドバイスできるか、そういった時代の変化を取り入れたノウハウを指南する役割が求められているのではないでしょうか。しかも、それが評論でないことが大事ですよ。「これは経費削減したほうがいいよ」「これ以上在庫を持たないほうがいいよ」と言うだけじゃなく、一緒にどうすれば解決できるか考えてくれる存在。地銀はその商店、企業と一緒に動いていける強みを持っているし、それが地方の活性化に繋がると思います。

――現在経営されているV・ファーレン長崎もまさに、長崎県の活性化を担っているわけです。高田さんはテレビにも長年出演されて、その知名度は抜群ですが、それが経営にとって強みだと思うことはありますか?

高田 強みというか、ありがたいと思いますね。アウェーの試合に出かけても、どこのスタジアムでも地元サポーターの方にお声をかけていただくんです。小学生くらいのお子さんから、お年寄りまで。ちょっと歩けば立ち止まるくらいに囲まれてしまって(笑)。経営者としてこういう状態にあることを、よしとしているわけではないんですが、今はそれもV・ファーレン長崎にとって必要なことと思い、積極的に動いています。

■サッカーが野球に近づくためにすべきこと

――現在の大きな目標は何でしょうか。

高田 それはJ1優勝…なんて言えなくなってきましたが(笑)。僕はうまく「ジェイワン」って言えないんですよ、自分ではよくわからないんですけど「ゼイワン」って発音しているみたいで。それがサポーターにも受けているらしいんだけど(笑)。そのファン同士の「交流人口」を増やすことも大きな目標ですね。クラブファンのみならず、サッカーファンづくりの一環かなと思っています。

――交流人口とはなんですか?

高田 ホームとアウェー、ファン同士が行き来する数です。長崎にはもっとビジターが来て欲しいし、逆に長崎のファンがビジターとして県外の試合に行くようになってくれたら、サッカーファンの人口はもっともっと多くなって、野球に近づくんじゃないかって考えているんです。

――野球のほうがファン層は厚いですか。

高田 地元愛というのは、もう圧倒的に野球なんですよ。先日、仕事で広島の街を歩いていたら、どこのお店に行ってもカープ一色。サンフレッチェ広島は3回、J1で優勝していますが「あの時でも、それほどではありませんでしたね」って地元の人がおっしゃってた。そこで実感しましたね、サッカーで地方創生して行くカギの一つは、交流人口をいかに増やすかだと。

■クラブチームにできる「地方創生の夢」

――V・ファーレン長崎の交流人口、見通しはいかがですか?

高田 おかげさまでビジターは増えているんです。あるチームは「今度3000人連れて行く」、あるチームは「1万人でいいか?」「飛行機をチャーターする」なんて言ってくださったこともあります。そうなってくると、長崎県民もお迎えする体制が必要になってくる。それは長崎に限らず、新たな地方創生の芽が育っていく土壌のようにも思います。全国にある地方のクラブチームにできる「地方創生」には、そんな壮大な夢が広がっているんです。

――サッカーは子どもの育成にも関わる事業でもありますね。

高田 V・ファーレン長崎には、U-18、U-15、U-12のアカデミーの子どもたちがいますが、ここでも私はマインド教育が重要だと思っているんです。子どもの成長は挨拶から始まる人間力を磨くところから。ファンへの思いやり、言葉や笑顔の出し方、応え方、それがきちんとできないと、いくら技術やパワーがあっても一流にはなれません。

■今年70歳。もう、走りっぱなしですよ

――そんな高田さんの大事にしている「マインド」とはどんなものなのでしょう?

高田 一日一生。僕は41歳までカメラ屋さんをやっていて、そのあと通販事業の道を歩んできました。今年70歳になります。もう、走りっぱなしですよ(笑)。でもね、人間、今という瞬間をどれだけ精一杯生きるかなんですよ。本気で。それは若い時には気がつかない。それでいいんです。若い時は、先のことを考えなくてもいいんです。だから、目の前の与えられた仕事に集中すればいい。そうしたらその仕事が絶対に面白くなりますよ。そして、今日を、明日を変えられる人に成長できる。逆に「大変だ、大変だ」って先のことばかり考えて、目の前のものに取り組めない人は自分の明日も変えられない。サッカーもね、一戦一生。

――ご出身は平戸。「ジャパネットたかた」を創業されたのが佐世保。そしてV・ファーレン長崎の本拠地は諫早。長崎という地元にとことん密着した仕事人生ですね。

高田 そうですね。現在はクラブチームの経営を通して、長崎県21市町をホームタウンにした地域密着の仕事の集大成をしているつもりです。広島の人がこんなことをおっしゃっていたんです。「広島カープはチームじゃなくて広島の文化なんです」と。V・ファーレンの理想はこれですね。長崎の文化になること。それまで僕もまだまだ走り続けなきゃなりません。サッカーと同じ。走り続けるしか道はないんです。

写真=松井丈也?

たかた・あきら/1948年長崎県平戸市生まれ。大阪経済大学卒業後、機械製造メーカーへ就職し、通訳として海外駐在を経験。実家のカメラ店の支店経営を経て、1986年に独立し「株式会社たかた」を設立。1999年に「株式会社ジャパネットたかた」に社名変更。1990年のラジオショッピングを機にテレビ、紙媒体、インターネットなど通販事業を展開し、2015年、66歳で社長を退任。2017年、V・ファーレン長崎社長に就任。

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)