根強い人気なぜ? 「親指シフト」販売店に聞いてみた

根強い人気なぜ? 「親指シフト」販売店に聞いてみた

1995年に発売されたOASYS 70DP-S。A4縦フル表示の14インチディスプレイが一体化していた ©文藝春秋

 本日9月26日は「ワープロの日」。いまからちょうど40年前の1978年9月26日、初の日本語ワードプロセッサー「JW-10」が東芝より発表された。標準価格は630万円。

 その後、1980年5月に発表されたのが富士通製のワープロ機「OASYS100」だった。OASYSシリーズは後発だったにもかかわらず、ワープロ市場で一気にトップシェアに躍り出る。そのOASYSで採用されていたのが、富士通が独自に開発したキー配列規格「親指シフトキーボード」だった。

■PCの高性能化が進んだことで……

 OASYSは多くのユーザーから支持されたが、とりわけ重宝したのが文章を生業とする職業人たちだった。実は、文藝春秋社内においても過去にOASYSが支給されたことから、いまだに親指シフトユーザーが多い。

 OASYSと物書きたちの幸せな関係は、その後、20年以上も続いた。ところが、OASYSは2000年に生産終了のときを迎える。PCの高性能化が進んだことでワープロ専用機の需要は減り、文書作成はマイクロソフト社のワードを始めとするワープロソフトが主流になっていたのだ。

 とはいえ、親指シフトは失われた“過去のテクノロジー”ではない。いまでも熱烈な利用者に支えられ、PCの付属キーボードとして生き残っている。いったい何がそこまでユーザーを引きつけるのか。

 親指シフト愛用者の“駆け込み寺”になっている富士通専門店「アクセス」の池田裕一店長に聞いた。

■文筆業、弁護士、医師などの個人事業主が多い

――まずは、こちらのお店について教えてください。

池田 うちはパソコン専門店として、主に法人向けの富士通製PCを販売しています。以前はPC専門店がそれなりに存在していましたが、最近ではほとんど家電量販店かネット販売に代わってしまいましたね。うちは数少ない対面でPCを販売する店舗です。親指シフトの商品だけを扱っているわけではありませんが、独特の規格なので、他店ではわかるスタッフがいなくなってしまったんでしょう。

――親指シフトのユーザーは、どのような方が多いのでしょうか。

池田 当店にいらっしゃるのは、ワープロ時代から愛用されてきた、文筆業、弁護士、医師などの個人事業主が多いですね。現在のPCと違って、1台あたりの単価がとんでもなく高かった時代のワープロ専用機を買えた職業の方々です。お客さまの大半はリピーターです。うちの場合は個別のセッティングを行っています。キーボードだけならネットで買うことも可能ですが、ちょっと独特の設定が必要なので、身近な「パソコンに詳しい人」もよくわからないケースが多くて……(笑)。

 ただ、みなさんこだわりが強いだけに、求めているものも千差万別。ソフトの挙動も含めてワープロ機のOASYSに限りなく近づけてほしいという方もいらっしゃいますし、外出先でも使えるように持ち運びできる軽いキーボードを使いたいという方もいます。

 ですから、自動車ディーラーがお得意様の「カーカルテ」を用意してご要望に対応しているように、私もまずは個別のニーズをうかがった上で、それに合わせたサービスを提供できるように努力しています。

■「正しい親指シフト」がそれぞれ違う

――ニーズが千差万別ということは、ただでさえマイナーな規格の統一化という意味では不利ですね。

池田 そうですね。ユーザーの中には「普及活動」に熱心な方もいますが、みなさんがイメージしている「正しい親指シフト」がそれぞれ違うので、統一化はなかなか難しいのが現状です。ネットの記事を見ても、少しずつ違うことが書いてありますからね。

――いまだにワープロ機を愛用されている方もいるようですね。

池田 作家の先生には、いらっしゃるようですね。さすがに部品が入手できなくなったので、うちでは修理のご依頼はお受けできなくなってしまいましたが……。

――ワープロ専用機ではできたけど、PCではできない動作はあるのでしょうか。

池田 基本的にはありません。最終的には慣れの問題だと思います。

■ATOKとは真逆の発想で進化したJapanist

――OASYSの生産は、惜しまれつつも2000年に終了しました。

池田 各社とも同じような時期に販売終了になりましたね。決して擁護するわけではありませんが、ハード、ソフトともに現在に至るまでワープロ機と同等の環境を提供しているのは富士通だけ。富士通の法人向けノートPCのカタログには、いまだにカスタム項目に「親指シフト」の記載があります。そして、IMEに相当する日本語変換ソフトJapanist、ワードに相当するワープロソフトOASYSがそれぞれ販売されています。いずれも最新のWindows OSに対応しています。もちろん、親指シフトキーボードを使いながら、ATOKと一太郎を使っている方もいます。

 Japanistが面白いのは、ATOKとは真逆の発想で進化している点です。ATOKは長い文章を一発で変換する能力を高めてきましたが、親指シフトキーボードは「変換」「無変換」キーが「親指」キーの真下にあることもあって、わりと文節を細かく区切って変換することが多いのです。Japanistにも予測変換機能がありますが、OFFに設定している方も多いようです。

――親指シフトの新規ユーザーはいるのでしょうか。

池田 たまにいますが、わざわざ当店に来られる方は少ないですね。ネット上で読売オンラインが親指シフトの記事を出したり、経済評論家の勝間和代さんがブログで取り上げたりしているので、一定数は興味を持っている層はいるようです。新しい流れのユーザーが、どこまで定着するかは未知数ですが……。

 ネックになるのは価格でしょうか。量販されているPCの付属キーボードには廉価なものが使用されているケースが多いのですが、その相場感に慣れてしまうと、親指シフト仕様のキーボードはオーダーメイドに近いので、どうしても単価は高くなってしまう。種類にもよりますが、1万5000円〜3万円です。

■変換を確定させる際に「改行」キーを押す必要がない

――親指シフトの一番のメリットとして、ひらがな1文字につきキーボードのタッチ数が1回ですむので、1〜2回のローマ字入力よりも、はるかに少ないタッチ数で日本語入力ができる点が挙げられています。

池田 そうですね、ワンアクションで文字を打てるのは大きいと思います。親指シフトは、基本的に日本語入力にキーボードの「3列分」しか使わないので、(数字のあるキーも含めて)4列に配置されているJISキーボードよりも楽にタイピングできます。ただ、それ以外にも優れている点はいろいろあるんです。例えば、「後退」キーと「取消」キーが届きやすい位置にあるので、手を動かさずに文章に手を入れることができます。

 また、普通のキーボードと比べると改行(Enter)キーが小さいので「不便じゃないですか?」と聞かれますが、Japanistでは漢字変換を確定させる際に「改行」キーを押す必要がありません。普段はあまり意識せずに行っている動作だと思いますが、実はけっこう無駄な動きが多いんです。その点、親指シフトはかなり合理的に設計されています。

■「使えなくなったら、執筆活動をやめる」

――ユーザーには著名人も多い?

池田 作家の 姫野カオルコさん 、元NHKアナウンサーでジャーナリストの村田幸子さんなど、いろいろな分野で書かれている方がいらっしゃいます。みなさん、「宣伝の機会があれば、どんどん私の名前を使ってください」とおっしゃっています。愛が深いですよね。「親指シフトが使えなくなったら、執筆活動をやめる」という方も少なくないです。

――ツールとしての合理性だけではなく、ある種の「文化」に近い存在なのかもしれません。

池田 だからこそ、メーカー側も販売を続けているのでしょうね。作家さんだけではなくて、速記やテープ起こしの作業をしている方にも、根強いファンがいますから。

 他のソフトやOSでは、バージョンがアップデートされると、新しい機能が追加されますよね。ところが、親指シフトに関しては、OSなどの環境が変わっても「今までと同じ機能」「同じ動作」を維持してほしいという声のほうが大きいことも特徴です。今後、爆発的に広まることはないかもしれませんが、ユーザーのご要望に寄り添っていきたいと考えています。

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)