Googleマップに代わる「最強の地図」はある? 5つの地図アプリを徹底検証

Googleマップに代わる「最強の地図」はある? 5つの地図アプリを徹底検証

ZENRINの表記が消えたGoogleマップ

 2019年3月21日から22日にかけて、本来山であるべきところが湖になっているなど、ネット上で日本国内のGoogleマップの不具合があいついで報告されるようになった。そして、これまで詳細な地図データを提供することで知られるゼンリン(本社・北九州市)の地図をベースにしていたGoogleマップの地図のコピーライト表記からZENRINの表記がなくなっていることが明らかとなった。

 3月29日現在、Google、ゼンリンともにこの件について具体的なコメントを明らかにしていないが、2005年7月以来、Googleマップに地図情報を提供してきたゼンリンの提携関係の変化が大きな影響を与えたことはまちがいない。なお、Mapboxという地図情報のベンチャー企業が3月20日にゼンリンとのパートナーシップ締結を発表している(https://blog.mapbox.com/japan-map-update-with-zenrin-data-400e3ee88925)。Mapboxは2017年に「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」から出資を受けている。

 Googleマップの不具合は、航空写真で山の影となっている部分が湖になっていることなどから、機械学習で読み取った情報が正確に反映できなかったものと考えられる。

■Googleマップが唯一の選択肢なのか?

 2012年にiOS上の地図アプリに不具合が生じて、「パチンコガンダム駅」と実在しない駅が表示されたことが話題となった。Googleマップもこのケースと同様いずれ修正されていくだろうが、現時点でのベースマップの精度は、これまでとくらべて低下している。

 オンラインマップは、日常生活はもちろん、国内旅行でもなくてはならないツールとなっている。AndroidのスマホであればGoogleマップがプリインストールされているし、iPhoneユーザーもGoogleマップをインストールして利用している人は少なくないだろう。

 だが、本当にGoogleマップが唯一の選択肢なのだろうか? 

 現時点で日本国内のGoogleマップ以外にどのようなオンラインマップがあるのか、また、それらの実力はどうなのか、この機会に比較・検討してみることにした。なお、これらはあくまで地図情報の充実度と正確さについて、筆者がそれぞれの地図を閲覧したうえでの評価である。また、パソコン用のサイトとスマホ用のサイト、スマホにダウンロードして利用するアプリでは表示される情報がそれぞれ異なる。

■(1)Mapion(マピオン)

https://www.mapion.co.jp/
提供 株式会社ONE COMPATH(ワンコンパス)(旧マピオン)(主要株主 凸版印刷株式会社)
(地図データはゼンリン)

・番地の表示 あり?? ?
・狭い歩道の再現度 高い 
・建物の形状の再現度 高い?? ??? ?
・店舗の名称数 標準的 
・マンションの名称数 標準的 
・バス停の表示 停留所名あり 
・地下鉄の出口の再現度 高い 

 狭い歩道の再現度についてはもっとも高く、幅1メートル以下の狭小な路地も通行可能かどうか判断可能だった。なお、パソコン版のサイトはスマホ版のサイトやアプリよりもさらに情報が詳しい。紙に出力して用いるのにも適している。

 地下鉄の出口については、黒地に黄色の文字となっており、もっともわかりやすかった。現在地の海抜(標高)が表示されるので、高低差のあるところでは便利である。また、パソコン用のサイトでは、気温・風速まで自動的に表示される。

 アプリでの無料のナビゲーションは徒歩のみ。また、自動車や電車のナビや現在地追従をしたい場合は有料のプレミアムサービスを利用する必要がある。サイトではパソコン用・スマホ用ともに無料で経路検索や乗換案内が可能。

 路地などが入り組んでいるところを徒歩で移動し、細かいところまで知りたいというときには最も役立つと思われる。

 2019年4月1日にMapionからONE COMPATHに社名が変更されている。

■(2)MapFan(マップファン)

https://mapfan.com/
提供 インクリメント・ピー株式会社(パイオニアの完全子会社)
(地図データはインクリメント・ピー)

・番地の表示 あり?? ?
・狭い歩道の再現度 標準的 
・建物の形状の再現度 高い?? ?
・店舗の名称数 やや少ない
・マンションの名称数 やや少ない
・バス停の表示 なし
・地下鉄の出口の再現度 高い

 建物の形状の再現度については最も高かった。また、地図の拡大率は今回調べたもののなかでは最大だった。その反面、アプリ版では表示される物件名がかなり少なくなる。また、バス停の表示がないのが弱点か。

 ナビゲーションは公共交通機関も表示されるが、最善と思われる選択肢が表示されないことがある。アプリ版では「ビュー変更」をクリックすると3D表示にすることができてわかりやすい。

 細かいところを調べるためのオンライン地図よりも、出発地と目的地があらかじめ決まっている際のナビとして利用するのに最適と思われる。

■(3)Yahoo!地図(ヤフー地図)

https://map.yahoo.co.jp/
(地図データはゼンリン)

・番地の表示 号(分筆番号)まで表示(サイト版)?? ?
・狭い歩道の再現度 高い
・建物の形状の再現度 標準的?? ??? ?
・店舗の名称数 非常に多い(アプリ)&やや少ない(サイト版)
・マンションの名称数 やや少ない
・バス停の表示 位置表示のみあり
・地下鉄の出口の再現度 標準的

 アプリ版の名称はYahoo!MAP。サイト版、アプリ版ともに番地の表示については唯一号(分筆番号)まで表示された。番地を目安に物件を探すときは重宝する。また、乗換案内のナビゲーションでは乗る列車のホームの番線まで表示される。

 Yahoo!地図の魅力は実装されているさまざまな機能だ。たとえば混雑マップでは街のどのエリアが混んでいるかが20分おきで更新される。この地図を確認して、混雑をあらかじめ避けた街歩きも可能だ。また、雨雲レーダーではサイト版では1時間先、アプリ版では6時間先までの雨雲のようすを確認できる。また、防犯マップ機能では、自宅周辺などで起きた犯罪事例を確認することができる。

 最近話題となっているQRコード決済サービスPayPayの利用可能店舗も検索するスペースにPayPayと入力して調べることができる。

■(4)いつもNAVI

https://www.its-mo.com/

・番地の表示 なし(PC版では表示される)
・狭い歩道の再現度 高い
・建物の形状の再現度 標準的?? ??? ?
・店舗の名称数 やや少ない
・マンションの名称数 やや少ない
・バス停の表示 位置表示のみあり
・地下鉄の出口の再現度 標準的

 ゼンリン本体の地図だが、スマホでは番地の表示がないなど、情報量は必ずしも多いとはいえなかった。サイトにナビゲーションの機能はない(アプリにはある)が、施設の最寄りのバス停の位置とそこからバスの時刻表を表示させる機能は利便性が高い。

■(5)Googleマップ

https://www.google.co.jp/maps

・番地の表示 あり
・狭い歩道の再現度 低い
・建物の形状の再現度 標準的?? ??? ?
・店舗の名称数 多い
・マンションの名称数 標準的
・バス停の表示 なし
・地下鉄の出口の再現度 標準的

 歩道を含む道路の再現度については、不具合が数多くみられた。しかし、掲載される店舗数は現時点でも非常に多い。ナビゲーションについての精度は最も高く、使い勝手もよい。また、大型店舗内については各階ごとのフロアマップだけでなく、そのなかの個別の店舗まで表示される機能が実装された。

■地図の情報量ではMapionだが……

 5つのオンライン地図を比較したが、Googleマップ以外で3つのアプリがゼンリンの地図データを利用しており、改めてゼンリンの強さを認識させられた。ただし、その地図データを利用して、どのような情報を表示するのかについては各社で考え方が異なっている。地図の情報量ではMapion、各種機能についてはYahoo!地図が優れていた。だが、ナビゲーションと店舗の表示数についてはGoogleマップに軍配が上がった。オンライン地図関連企業は、来たるべき自動運転時代を視野に入れて、開発に注力している。その大前提となるのは、万が一にも誤りがないようにする精度の高さである。Googleマップが今回のトラブルを乗り越えるのか、それともGoogleとの関係を見直すことになったゼンリンがゲームチェンジャーとなるのか、今後の動向に注目していきたい。

【訂正】MapFanの地図データを「ゼンリン」としておりましたが、正しくは「インクリメント・ピー」でした。お詫びして訂正します。

(橋賀 秀紀)

関連記事(外部サイト)