それにつけても「カールショック」新聞各紙はどう報じたか?

それにつけても「カールショック」新聞各紙はどう報じたか?

(c)文藝春秋

 今回は「カールショック」について新聞各紙の伝え方をみてみたい。米空母カール・ビンソンのことではない。お菓子のカールのことである。

 まずこちらの記事。

「カール もう食べられない? 売り上げ低迷 9月から西日本限定に」(朝日新聞・5月26日)

 明治は、スナック菓子「カール」について、中部地方以東での販売をやめると発表した。

 なぜ西日本では食べられるのかと言えば、現在は全国5カ所の工場で生産しているが、

《9月以降は松山工場(松山市)の1カ所で「チーズあじ」「うすあじ」のみを生産。滋賀県、京都府、奈良県、和歌山県以西での販売のみとなる。》

 この話題はSNSでも拡散されたのだが、新聞では張り切っていろんなネタに使われていた。

■読売新聞名物コラムは「和歌」を引いて名残惜しんだ

 まず読売新聞の「編集手帳」(5月27日)。1面にある名物コラムである。

《平安時代の和歌集『古今和歌六帖(ろくじょう)』にある。〈ある時は ありのすさびに 語らはで 恋しきものと 別れてぞ知る〉◆「ありのすさび」は、一緒にいることに慣れて相手の存在を意識せず、なおざりにすることをいう。「一緒にいるときは語らいもしないで、いとしい人だと別れてから知るのだ」。》

 カールの名残惜しさについて、わざわざ「平安時代の和歌集」のネタから入る「編集手帳」!

 これ、いつもの芸なのです。「編集手帳」の筆者・竹内政明氏は、

《「ああ、この話は、こういうテーマで原稿を書かなくてはいけないときに使えるな」といった感じで、とにかく「話の部品」を集めていくようにしています。》

 と、自身の文章の書き方について語っている(『書く力』朝日新書、池上彰氏との共著)。

「カールショック」を知って今回は『古今和歌六帖』の引き出しをあけたのだ。

 コラムの最後は三橋美智也の歌うカールのCMソングの話になり、もう完全に昭和のお菓子といった趣。

■日経のシビアすぎる「殿様商売」という分析

 朝日新聞は夕刊1面の短行コラム「素粒子」(6月2日)で取りあげた。

《エリトリア写真展で国旗を描いたチロルチョコを頂く。小まめな努力。それにつけても残念な「おやつはカール」。》

 朝日も「それにつけてもおやつはカール」と、CMフレーズをもじってきた。

「読売」も「朝日」も一面のコラムを担当する「大御所おじさん」がネタにしたカール。実は、ここにこそ今回の「カールショック」の鍵があるのだ。この記事を見てみよう。

「明治『カール』殿様商売のツケ 明治のスナック菓子、東日本で販売終了 長寿ブランドにも淘汰の波」(日本経済新聞・6月2日)

「日経」の記事である。殿様商売のツケとはさすがビジネスに関してはシビアな「日経」のご指摘。

 キーワードは「若者がそっぽ」。

《「それにつけても……って何ですか」。東京都稲城市の女子大生(19)は、カールのテレビCMで有名なフレーズ「それにつけてもおやつはカール」を知らない。最後にカールを食べたのは小学生のとき。近所で買えなくなっても「どうせ食べないし別にいいかな」と気にしない。》

 ああ、シビアすぎる現状分析。もうやめてあげて。

■「カール」にどう反応するかで、その人の世代が分かる

 そう、今の若者は新聞の大御所コラムがこぞって懐かしむ「三橋美智也が歌うカールの歌」を知らないのだ。

 トドメを刺すように「カールが東日本の店頭から消える理由は、10〜20代の若者からそっぽを向かれたことが大きい。」と書く。

《スナックやチョコレートなどの菓子市場は10〜20代の若者が支える。ある菓子メーカーは「明治はカールを売り込む努力を怠っていた」と指摘する。カールのテレビCMを2014年に事実上終了する一方で、ツイッターといった若者の利用が多いSNSでの宣伝をしてこなかった。》

「日経」が言うカールの殿様商売とは、若者など新しい顧客の開拓を怠ったこと。「他の菓子メーカーはカールと一線を画し、長寿ブランドでも若者層の需要開拓に余念がない」と指摘する。

 その結果カールはシェアを落とし続け、

《「気がつくとコンビニの店頭から消えていった」(コンビニ大手)。今年に入って、セブン―イレブン・ジャパンやローソンはカールを販売していない。》

 という状態になっていたのだ。

 若者はカールを知らない。かと言ってカールの思い出を語る「おじさん」は懐かしむことはあっても今わざわざ買うことはない。カールはこうして低迷していったのだ。

 こう考えてみると、ツイッターでは「カールショック」は国民的な話題のように見えたが、騒いでいるのは「中年以上」とも推定できる。私がこうして興味を持って読み比べをしたのも、おじさんだからだろう。それにつけても「カールおじさん」。

 カールについてどう反応するかでだいたい世代がわかるのである。

(プチ鹿島)

関連記事(外部サイト)