八村塁効果で売り切れ続出の「白えびビーバー」 メーカーの27歳社長に聞くブームの裏側

八村塁効果で売り切れ続出の「白えびビーバー」 メーカーの27歳社長に聞くブームの裏側

八村効果まだ菓子ブーム継続

八村塁効果で売り切れ続出の「白えびビーバー」 メーカーの27歳社長に聞くブームの裏側

北陸製菓・高崎憲親社長

 NBAワシントン・ウィザーズ所属のバスケットボール選手・八村塁の快進撃が止まらない。6月に日本人選手として初めてドラフト1巡目で指名を受けると、10月23日(日本時間24日)の開幕戦ではスタメン出場。14得点10リバウンドの鮮烈デビューを果たした。

 コート外でも大きな話題となっている。その象徴的な出来事が、北陸地方で愛される揚げあられ「白えびビーバー」のブームだ。富山県出身の八村選手がチームメイトにお裾分けしたところ、その味が素晴らしいとSNSでまたたく間に拡散されたのだ。

 実は、「白えびビーバー」の製造元である北陸製菓(本社:石川県金沢市)は、昨年末に社長が交代したばかり。老舗メーカーの8代目となった高崎憲親社長(27)に話を聞いた。

◆?◆?◆

■一時は注文が殺到してサーバーダウンも

――八村塁選手の報道があってからしばらく経ちますが、まだブームは続いていますか。

高崎 まったく生産が間に合わないですね。7月中旬に反響があって、まずはECサイトに注文が殺到してサーバーダウンしてしまいました。いったんネット販売は中止したんですが、それまでにもう何千件という注文が入っていまして……。ようやく9月の頭になってから、そのときの受注分が捌けました。

――先ほど工場を見学してきましたが、他の製造ラインの方をビーバー担当に振り分けているのでしょうか。

高崎 事務所からヘルプに入ったりとか、人海戦術でできる範囲ではかなりギリギリですね。ただ、白えびビーバーで反響をいただいたんですけど、(主力商品である)ビスケットの生産を止めますというのは、違うという思いもありまして……。経営を長い目で見て、しっかりとした戦略のもとに、ビーバー増産のために新しい機械を導入する、人を募集するという手は打っています。

■来年、ビーバー発売からちょうど50周年

――もともと揚げあられの売り上げはどのような感じだったのでしょうか。

高崎 八村選手効果はもちろん予期もしていませんでしたが、昨年12月に社長に就任してから、米菓の売上は徐々に伸びていましたね。もともとお菓子の味には自信があったので、もっと知ってもらうための活動をしようと方針を立ててやってきました。

 ちょうど来年がビーバー発売から50周年に当たるんですよ。こちらでも40代、50代以上の人はよく知っているんですが、いまの20代、30代だとビーバーって言っても「なんですか?」とピンとこないこともある。そこで、若い子に知ってもらうためにSNS戦略にしっかり力を入れていこうと。ビーバーの着ぐるみを作ってスーパーで販促活動をしたり、LINEスタンプも作りましたね。着ぐるみができたのが4月末で、徐々に盛り上がり始めたんです。

 東北や九州にお住まいの北陸出身の方から「私、旦那の都合でここに住んでいるんですけど、私たちも是非、身近で買えるようにして欲しい」という声が集まり、全国のスーパーに展開しようという話にもなりました。6月3日にビーバー(プレーン味)の全国発売を始めたんです。そうしたら、その1カ月後に八村さん効果があって売場から全部消えてしまった。こういう流れだったんです。

■ずっと地元に愛されてきたビーバー

――基本は北陸3県でずっと売っていたんですね。

高崎 そうです。この6月までは北陸3県のみでした。石川、富山、福井ですね。あとはECを除けば北陸フェアの催事に持ち出すぐらい。富山の白エビ、北陸の地元のもち米を使っています。

――50年前に発売されたビーバーはプレーン味ですか。

高崎 プレーン味です。当初、福富屋製菓さんというメーカーがビーバーを作りまして、その後に白えびビーバーも生まれました。ただ、やがて事業が立ち行かなくなってしまった。そのころ僕は社長じゃなかったですけど、文化や事業の継承という意味もあって、うちで引き継ぐことになりました。地元の方の声が強くて、新聞にも「ビーバー復活を」という意見が載ったぐらいだったんです。そのとき、やるからには少しでも美味しいと思ってもらえるように、パッケージも新しくしました。こういうストーリーもあって、地元の方には応援していただきましたね。

■定番として残る商品に

――これだけブームになると、「ビーバーの名前は聞いたことはあるけど、実際に食べたことはない」という人が多いんじゃないでしょうか。

高崎 「白えびが本当に美味しいんだよ」とSNSがワーッと盛り上がって、北陸の売場からも消えている状態です。他の白エビのお菓子も、お土産などで売れているそうですね。会社自体の知名度もアップしていますし、これを起爆剤にしてビスケットやクッキー、煎餅、もちろんビーバーも次の展開を考えていきたいです。コンビニやスーパーで買えるお菓子はたくさん種類があるので、最終的にはそのラインナップのなかで「美味しい」って言ってもらえるぐらい定着しないとな、と思っています。定番として残っている商品は偉大なので、そこまで目指したいですね。

――ビーバーにはプレーン味と白えび、さらにカレー味もありますけれど、売上の比率的にはどうですか?

高崎 私たちがカレーを出したのが7月。ところが、その直後に突然ブームがきたので、もう1カ月で休売にしました。やっぱり製造ラインが限られていたので、みんなが欲しているものに集中しようと。だから、カレー味に関しては正確なデータがまったくない状況です。

――実はカレー味の方がレアだった!

高崎 そうなんです(笑)。反響があってからやっぱりボーンと白えびが伸びましたけど、それまではプレーンと白えびの比率で7:3から6:4くらいですね。

■最初は「商品を知ってもらうこと」と「スピード感、対応力の早さ」

――高崎社長は昨年12月に就任されたそうですが、その前から働かれていたのでしょうか。

高崎 そうですね。私は、大学だけ関東に行っていまして、当時からこの会社で働きたいという思いが強かったです。うちの会社、私で8代目なんですけど、5代目までの社長は血筋はまったく関係ないんですよ。だから父からも「継げ」と言われたことは1回もなかったです。ただ、入るって言ったときは「そうか」と快く受け入れてくれました。

 その上で、「おまえが本気なら、よそに修行に出るよりも、うちの工場に2年くらい入った方がいいぞ」と言われました。だから、最初の2年間は事務所には数回しか顔を出しませんでしたね。夏の暑さも冬の寒さも経験して、ひたすら工場の仕組みについて現場で考えていました。「ここを変えなきゃいけない」といった問題意識を胸に秘めながら働き、次は事務所に上がってそこでも1〜2年経験を積みました。

 昨年12月に社長に就任して、工場をすぐに変えることはなかなか難しいので、最初の1年は「商品を知ってもらうこと」と「スピード感、対応力の早さ」に集中して走り抜けようと思っていました。

――両方とも、大変なことになりましたね。

高崎 だから、ある意味でバチッときたかなという手応えはありますね。新しい血を入れて、どんどんチャレンジが循環してきていると思っています。

■後継者になったのは未来を感じたから

――地方の中小企業、とりわけ製造業は厳しい時代だと言われています。後継者も育たないという話がいろいろなところから聞こえてきますが、高崎社長がこの事業を継ぎたいと思った一番の理由はどのあたりにあったのでしょうか。

高崎 この会社に未来を感じたという点が、私の中では大きいですね。逆に言うと、それを感じないから後継者不足になるんだと思います。さみしい話ですけど。「この家に生まれたから継ぐんだ」じゃなくて、「この会社いけるでしょ」って思ってやっています。まだまだ伸び代はありますよ。

 その上でどこまでチャレンジできるか。この会社も創業100年ですから、けっこう古いんです。着ぐるみを作ったり、SNSを活用するといっても、最初は正直半信半疑でした。でも、結果が出てくると「間違ってなかった」と実感し、自信が持てました。

■八村選手の活躍を刺激に、スピード感を持ってチャレンジしたい

――伝統のある会社で新しいビジネスをやるという意味では、よく羊羹の老舗「虎屋」が展開している「トラヤカフェ」が例に出されますね。

高崎 トラヤカフェの話は社内でもよくしていますね。失敗したら失敗したでいい経験だと思いますし、あとはやっぱり気合いが入るんですよ。諸先輩方の意見を取り入れながら若手がやりたいことをやれる環境は、うまくいったときの喜びも大きいですからね。若手社員も増えてきて、楽しく仕事をやれていますね。100年後に200周年を迎えるためにも、私たちが何をやるのかが問われています。

 それこそ虎屋さんじゃないですけど、うちはビスケットやクッキーを手がけているのでカフェ事業にもチャレンジしたいですし、揚げあられという意味ではバーもありかなと。いろいろな経路でうちの商品を知ってもらって、企業理念である「世界に笑顔と美味しさをお届けする」を実現したいです。

――八村選手とは、コンタクトを取られましたか。

高崎 チームには反響があってからすぐにお菓子を送らせてもらいましたけれど、いろいろとご迷惑になる可能性もあるので、こちらからの連絡は控えています。ただ、実は私も小・中・高とずっとバスケをやってきたので、八村選手の活躍はとても刺激になっています。今後は、手応えを感じてきた部分をさらに推し進めて、スピード感をもってチャレンジしていきたいです。

写真=山元茂樹/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)