ヴィッツ改め「ヤリス」が、ホンダ「フィット」と販売日モロかぶりの“ガチンコ対決”

ヴィッツ改め「ヤリス」が、ホンダ「フィット」と販売日モロかぶりの“ガチンコ対決”

東京オートサロン2020にて新型ヤリスを紹介する豊田章男社長 ©AFLO

 トヨタのヴィッツというクルマの名前をご存知の方は多いと思う。子供の頃のファミリーカーや初めて買ったマイカー、あるいは旅行や出張時にはレンタカーというかたちで、それに乗ったことのある方もいらっしゃるだろう。

■なぜ日本だけ「ヴィッツ」だったのか

 その昔、トヨタブランドのエントリーモデルだったスターレットの実質後継として初代ヴィッツが登場したのは1999年のこと。21世紀を担う世界戦略車としてトヨタがゼロから作り上げたこの画期的なモデルは、日本以外の仕向地ではYaris=ヤリスという名で販売されることになった。ちなみにその意は、ギリシャ神話の美の女神「Charis」などをアレンジしたものだ。

 なぜ日本がヤリスではなくヴィッツだったのか。それはヤリスなる語呂が日本人の耳感覚に馴染まないという理由だったという。

 当時は拓銀も山一證券も破綻するどん底の不景気だったとはいえ、トヨタの世界販売に対して日本市場の販売台数はそれなりのプレゼンスがあった時代。ましてや日米貿易摩擦の成れの果てでGMのクルマまで渋々売らされていた国内営業陣の社内での発言力は相当のもので、その彼らが「ヤリスじゃあ客が馴染めない」とでも言えば、誰もノーとは言えなかったことはなんとなく察しがつく。

 その日本専用名称であるヴィッツが21年の歴史に幕を閉じ、この2月10日にフルモデルチェンジとなった新型からはヤリスの名前を用いている。

■ヤリスはWRC=世界ラリー選手権の参加車両

 打って変わっての現代的な理由として挙げられるのは、これだけ外国人が日本に訪れる時代に、ローカルネームは馴染まないというものだ。昨年はマツダがアクセラやアテンザといった名前を3や6という数字に変更したが、これもまたワールドネームへの統一を図った事例といえるだろう。もちろん日本市場のプレゼンスも1990年代よりは確実に落ちている。

 加えてヤリスは、欧州を中心に世界各地で行われるWRC=世界ラリー選手権の参加車両という一面も持ち合わせている。こと欧州ではWRCのパブリシティ効果は、F1と肩を並べるほどだ。そしてWRCはこの11月、10年ぶりに日本(愛知・岐阜)で開催される。トヨタ的にはその名を世界統一化するにはちょうどいい機会でもあるだろう。

 と、そんなこんなのこの2月、ヤリスとほとんど同じタイミングでフルモデルチェンジを迎えたのはホンダのフィットだ。ちなみにこちらは日米用の車名で、欧州ではジャズという名前で売られている。各仕向地での馴染みぶりをみるに、こちらは名称統一を考えていないはずだ。

■両車の販売日は、わずか4日しか変わらない

 フィットとヤリスは、自動車業界ではBセグメントと呼ばれるクラスに相当する。車格や価格的にはほぼ同等、購入時は比較対象としてまず意識される、ガチもガチのライバルだ。それゆえか、今までこの2車種が発売時期を同じくすることはなかった。モデルチェンジ時期のずれは、お互いの利益を確保する暗黙協定でもあったのだろう。

 それが今回、フルモデルチェンジされた両車の販売日は、わずか4日しか変わらないという事態になってしまった。

 原因はフィットが用いる電動パーキングブレーキスイッチの歩留まりが当初予定にまったく届かず、納入する部品メーカーの変更を余儀なくされたからだ。それに対応するために、ブレーキシステムを高速域を多用する欧州仕様と同じ四輪ディスク化するなどユーザー側には美味しい仕様変更もあり、その検証や調達、適合の調整に約4ヶ月を費やした。結果、発売開始がほぼ正面衝突という事態になったわけだ。

 スタートラインが一緒ということで、いやが上にも注目を浴びるのは販売台数だろう。2002年に、それまで33年間連続で国内販売台数1位だったカローラを、その座から引きずり下ろしたのは他ならぬフィットである。当時のトヨタの怨念をいまだ引き継ぐ者がいるかは定かではないが、史実を知れば一矢報いたい気持ちにもなろうというものだ。

■最近はきな臭さを感じることも少なくなった

 そういう意味では、ホンダの側にも怨念の火種はある。翌2003年、当時バカ売れしていたホンダのストリームというミニバンとさほど変わらぬサイズやコンセプトで被せてきたトヨタのWISHは、圧倒的販売力を背景にストリームの票田をがしがし刈り込んでいった。その後もインサイトvsプリウスなど、そういう事例は幾つかあり、ホンダとしてもトヨタには忸怩たる想いを抱いていたとしても不思議はない。

 少なくとも当時の両社のエンジニア陣はバッチバチに火花を散らし合っていたわけだが、最近はそういうきな臭さを感じることも少なくなった。ダイハツ、スバルにマツダにスズキと着々と“お友達”を増やしてきたトヨタにあっても、未だ独身を貫くホンダには噛みつかれんばかりの気概をもっていてもらった方が張り合いも出るだろう。そういう意味でも、この両車の販売合戦は久々に見ものだと思う。

 ちなみに双方のプロトタイプに乗った印象でいえば、総合力は掛け値なしのイーブン。ただし、フィットがシンプルな内外装デザインや使い勝手の良さなど静的な特徴が際立つのに対して、ヤリスが走りの質感を劇的に高めたという動的な特徴を持つあたりは、なんだか昔とは真逆のような気もする。裏返せば今のトヨタは、かつてのホンダのように走りの良さにプライオリティが置かれるクルマ作りによっているということかもしれない。

(渡辺 敏史)

関連記事(外部サイト)