大学ナンバー1シューター折茂武彦が、弱小チームを選んだ衝撃のワケ 学閥、出張ノリ、負けてもヘラヘラチーム。「これを一生、続ける人生でいいのか?」

大学ナンバー1シューター折茂武彦が、弱小チームを選んだ衝撃のワケ 学閥、出張ノリ、負けてもヘラヘラチーム。「これを一生、続ける人生でいいのか?」

大学ナンバー1シューター折茂武彦が、弱小チームを選んだ衝撃のワケ 学閥、出張ノリ、負けてもヘラヘラチーム。「これを一生、続ける人生でいいのか?」の画像

 大きなうねりの中にある日本バスケットボール界。

 B.LEAGUEが設立5年目を迎え、徐々に市民権を得てきた矢先の感染症拡大。チケット収益は激減し、クラブに大打撃を与えている。

 SNS運用など活路を見出すチームが現れる中、特に突き抜けた結果を残すのがレバンガ北海道だ。コロナ禍にあって過去最多のスポンサーも獲得し、観客動員はつねにリーグトップクラス。

 その背景には、いくつもの逆境を乗り越えてきた社長・折茂武彦がいる。選手として29年、昨年(2020年)5月に引退するまで10000得点という前人未踏の記録を打ち立てた男であり、2億円を超える借金をしてまで北海道の地にバスケットボールクラブを残した男でもある。

 そんな折茂が記した話題の書『99%が後悔でも。』より、選手兼社長としての苦悩を綴った哲学を全4回で紹介する、第2回。(JBpress)

第1回「バスケ界のカズ」「伝説のシューター」は「人生の99%が後悔」はこちら(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65461)

時代に翻弄されて「弱小」へ

 インカレ優勝、MVPという看板を引っ提げて、わたしが次の進路に選んだのは、「トヨタ自動車」だった。

 この選択は、当時のバスケットボール界を知る人ならば驚くかもしれない。誰よりも「勝ち」にこだわったわたしが、弱小チーム「トヨタ自動車」に入ったのだ。

 面白い話がある。

 母親が切り出した。

?「トヨタにバスケ部なんてあるの? そんな訳のわからないところに本当に行くの?」

 その言葉には、戸惑いと若干の怒気が含まれていた。

 日本一の大学のキャプテンでエースだったこともあり、わたしの元には、多くの実業団チームからのオファーが届いた。住友金属といった当時の強豪チームからの誘いもあった。

 そんな中で選んだトヨタ自動車。

 5シーズン前までは2部リーグに所属していて、1部昇格後は毎年、リーグ戦で最下位争いを繰り広げている、いわばお荷物チーム≠セった。

 バスケットボールに詳しいわけではない母親は、そのチームの存在すら知らなかった。そして「武彦は、自分が知っているような有名なチームに進む」ものだと思っていたらしい。

 わたしに言った「そんな訳のわからないところに本当に行くの?」という問いは、そのトヨタ自動車バスケットボール部の監督が挨拶に、わざわざ実家まで出向いてくれ、監督を見送った後にわたしに掛けた言葉である。

 ちなみにわたしが家族に何かを報告するときは、すでに物事が決まっていることが多い。このときもそうだった。母親からしたら、いきなり実業団チームの監督が来て、「よろしく」という話になったことになる。面食らうのも無理はなかった。

 トヨタ自動車を選んだのには、いくつかの理由があった。

 大きかったのは、そういう時代≠セったこと。

 当時のバスケットボール界には、いわゆる学閥≠ェあり、学生たちの進路の主導権も大人たち≠ェ握っていた。出身大学によって、行けるチームとそうでないチームがあったのだ。

 大学時代、わたしのもとに舞い込んだ「来ないか?」という複数の実業団からのオファーも、そのほとんどが「そもそも行けない」ところばかりだった。

 本心を言えば、第一希望はケン(佐古賢一)とのプレーだった。これは、この後もずっと変わらないほど強い思いだった──彼ほどプレーをしていてわくわくした選手はいない。その理由は、後述したいと思う──が、わたしの希望はまったく聞き入れてもらえなかった。

 ほかの大学の有望な選手たちに聞いても、状況は同じようなものだった。ある選手は、「そのチームに行くならいますぐ大学を辞めろ」とまで言われた。それを聞いて驚きもしない。それが当時のバスケットボール界だったのである。

 ほかにも、「うちに」と誘ってくれる魅力的なチームがあったが、日本大学出身者はいなかった。学生日本代表で「日本大学」というだけで冷遇された経験があり、そのことがフラッシュバックした。実力だけではどうにもならないことがある。

 結局、そうしたしがらみのなかったトヨタ自動車を選んだわけだ。

?「弱かった」ことも決断を後押しした。

 早くから試合に出られるかもしれない、そう思ったのだ。

 例えば、あの頃のわたしにとって「日本代表になる」ことは大きな目標だった。代表候補には選ばれていたが、最終的な12人のメンバーに残ることはできないままだった。

 日本代表を目指すには、まずは試合に出られなければ話にならない。強いチームには力のある先輩たちがたくさんいる。そこに進めば当然、ベンチを温める可能性が高くなる。

 トヨタ自動車なら──。

?「日本代表に入る。トヨタを俺の力で強くする」

 母に告げたときにはすでにそういうメンタリティになっていた。

関連記事(外部サイト)