新谷コーチ語る、美談じゃない「鬼気迫る練習」の意味 悩み苦しみ成長した、新谷仁美の「強さ」の真髄

新谷コーチ語る、美談じゃない「鬼気迫る練習」の意味 悩み苦しみ成長した、新谷仁美の「強さ」の真髄

新谷コーチ語る、美談じゃない「鬼気迫る練習」の意味 悩み苦しみ成長した、新谷仁美の「強さ」の真髄の画像

(木崎伸也:スポーツライター)

 究極の根性を持つ選手が、クリエイティブなコーチに出会うと何が起こるのか??。

 新谷仁美が東京五輪でメダルを本気で獲りに行く挑戦は、まさに新時代のコーチとの出会いによって生まれたものだった。

 新谷は2012年ロンドン五輪の10000メートルで9位になったが、2014年に引退。一度は会社員として働き始めたが、再びレースの魅力に引き寄せられ、5年のブランクを経て復帰。Nikeの紹介で、横田真人コーチのもとで練習することになった。

 当初、新谷はコーチを頼らず、自分で練習メニューをつくるスタイルを貫いていた。だが、2019年世界陸上ドーハ大会で11位に甘んじたのをきっかけに、横田がメニューをつくり始める。それによって再覚醒し、20年の12月、10000メートルの日本記録を18年ぶりに28秒45秒も更新した。

 残念ながら東京五輪本番の10000メートルでは22位に終わったが、トラック外では女性の視点から積極的に意見を発信し、新たな女性アスリート像を示した。

?「根性×クリエイティビティ」という幸せなタッグはどう生まれたのか?

?『TWOLAPSトラッククラブ』(以下、TWOLAPS)の代表兼コーチの横田に話を聞いた。

前編「新谷仁美が通った「根性的儀式」、二人三脚のコーチが語る」はこちら
(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/66390)

最大の転換点は、ドーハのマックで

??横田さんは800メートルの選手としてロンドン五輪に出場したあとアメリカに留学し、米国公認会計士試験にも合格しましたね。『TWOLAPS』は自由な指導で有名ですが、ときにはムチで選手を叩いていてやらせるようなことはありますか?

 ムチでは絶対に叩かないです。でも、失敗をさせます。

 そのままだとダメだとわらかせる。もちろん後出しじゃんけんはズルいので、ちゃんと前もって伝えるけど、無理に聞かせようとはせず、どうぞ失敗してくださいというスタンス。それで結果が出なかったら、『ほらね』と。

 たとえば食事を改善して欲しかったら、試合までに毎日写真を送ってもらい、試合後に結果と見比べる。『この結果なら、何かを変えなきゃいけないんじゃない?』と。

 選手が一番変わるのは、失敗したときです。

??新谷選手がまさにそうだったわけですね。最初は新谷選手がメニューを自分で決めていたが、2019年世界陸上ドーハ大会のあと、横田さんが「自分がつくる」と提案して変わったと。

 僕にとっても、めちゃくちゃ大きな提案でしたね。実は僕も現役のとき、自分でメニューをつくっていたんですよ。その後、アメリカを拠点にしたときにメニューをつくってもらう経験をした。

 自分でメニューを決めていたときは、当たり前ですが、きちんと意図を込めることができた。一方、海外のコーチに教わると、意図を細かく教えてくれる人もいれば、そうじゃない人もいた。

 自分に馴染みがないメニューの場合、なんでやる必要があるんだろうと感じ、フラストレーションがあった。

 多分、新谷もそういうタイプで、彼女にとっては大きな決断だったと思う。こだわりがあるのはわかっていたからこそ、提案するタイミングはずっと気をつけていました。

??どこかのタイミングで提案しようと思っていたんですか?

 このトレーニングの組み方だと限界があるなと思っていたんです。でも、彼女には言わなくて。

 人って同じことを言われるにしても、誰に言われるかが大事だし、いつ言われるかも大事。同じ日の中ですら、受け止め方が変わる。だからずっとタイミングを見計らっていました。

??世界陸上ドーハ大会のレースが終わった夜、新谷選手が世界のトップとの差を痛感したタイミングで伝えましたね。

 逆に言えば、これでいけるのなら行けばいいと思っていた。ドーハでメダルを取っていたら、スタイルを変える必要がない。

 でも、彼女が望む結果じゃないのは、表情を見てすぐにわかったんで、今のタイミングしかないと。

??どういうタイミングで言ったんですか?

 レースが終わって、夜10時くらいに2人で食事でも行こうとなって、ドーハのマックに入りました。ハンバーガーを食べながら、これからどうしようかと話したんです。

 そこで『変わっていかなきゃダメだよね』と。『こういうことをやってみたら?』という感じで言っていたら、『じゃあ組んでみてください』となって。

 世界選手権の結果としては、復帰した人間が2年で世界の11番目まで行ったのだから、すごい結果ではあるんですよ。普通の人間だったら満足する。けど、彼女はしなかった。

 そのとき僕から『新しいことをやろ。ハーフマラソンをやってみよう』と提案しました。ハーフマラソンにチャレンジしたら、絶対に日本記録を出せるって思ってたので。

 で、実際、9カ月後に新谷はハーフマラソンの日本記録を更新するわけです。

??ハーフマラソンで日本新。さらに昨年12月の日本選手権では、10000メートルでもぶっちぎりで日本新を出した。以前と何を変えたんですか?

 一番は負荷量のコントロールです。

 やっているコンセプトはそんなに大きくは変えなかったんです。彼女がやってきたことはシンプルで、レースを想定して練習もレースペースで走る。それは今も一緒。

 でも、練習メニューが数種類しかなかった。なおかつ『自分で決めたメニューなのだからやらないのは逃げだ。今日できないメニューは明日に回して、やり切らなきゃいけない』という感じで、負荷をコントロールすることができていなかった。

 それが怪我につながり、練習をできない時期が生まれていた。

 僕がやったのはレースペースを大事にするコンセプトはそのままにして、3カ月、4カ月のプランを組み立て、負荷をコントロールすること。足が痛かったら治るまでやらない。それでもやりたいなら、せめて量と負荷を減らす。

 彼女は決めたことはやらなきゃいけないっていうメンタリティなんですが、その日の体調や気候も考慮して微調整しようと伝えました。

 大きいゴールを決めよう。そこから外れなければ、微調整していい、と。

??目標達成意識が強い選手だと、決めたことをやれない自分はダメだと思ってしまうんですね。

 極端な話、今日やって怪我して1週間休むのと、今日負荷を落として継続してやれるのと、どっちがいい? そんな問いかけをしました。

??俯瞰してブレーキをかけてあげる。

 まさにブレーキをかけるのが仕事です。そこはいまだにせめぎ合いです。僕はこれぐらいでいいと言うと、私はこれぐらいやりたいと。

??新谷選手はかなり自己主張が強そうですが、せめぎ合いをどういなしていますか?

 最終的には選手に決めさせます。だって、走るのは選手ですから。

 逆に言えば、この範囲の中だったらいいよ、という提案の仕方をしている。メニューに関しては、これじゃなきゃいけないという提案はどの選手にもしません。

関連記事(外部サイト)