契約最終年、今オフ勃発確実な巨人・原監督「去就問題」の行方 後任は阿部か桑田か元木か、はたまた原監督の「続投」か

契約最終年、今オフ勃発確実な巨人・原監督「去就問題」の行方 後任は阿部か桑田か元木か、はたまた原監督の「続投」か

契約最終年、今オフ勃発確実な巨人・原監督「去就問題」の行方 後任は阿部か桑田か元木か、はたまた原監督の「続投」かの画像

 劇的勝利で悪い流れを断ち切った。巨人が15日の横浜DeNAベイスターズ戦(東京ドーム)で7―6と逆転サヨナラ勝ち。2点を追う9回裏に一死から代打・八百板卓丸外野手の適時打、坂本勇人内野手の同点適時打、最後に岡本和真内野手のサヨナラ犠飛が飛び出すと一塁側ベンチの面々はグラウンド上で歓喜の輪を作った。

球団から「続投要請」の可能性濃厚

 ここまで9月は半月の戦いを終え、3勝7敗3分。非常に苦しい星取りだが、16日現在でセ・リーグ3位に位置付け、首位の阪神タイガースを2.5ゲーム差で追っている。巨人のレギュラーシーズンは残り30試合になったとはいえ、2位の東京ヤクルトスワローズも交えた3つ巴の混セを制し、リーグ3連覇を達成する可能性はまだ十分に残されていると言い切っていい。

 そんなジャイアンツの命運を握っているのは、やはりタクトを振るう原辰徳監督であろう。采配について負けが込めば何だかんだと言われながらも3度目となる2019年シーズンの就任以来、チームをリーグ2連覇へと導いているところはさすがである。Gの指揮官として今季こそは逆転リーグV、あるいはリーグ3連覇を逃してもAクラス入りからCS(クライマックスシリーズ)を突破し、2年連続で辛酸を舐め続けている日本シリーズ制覇を成し遂げたいと考えているに違いない。

 そして、今季のチーム成績と大きく関係しそうなのが原監督の去就だ。原監督は3年契約の最終年。今季限りでの退任が濃厚視されており、後任には阿部慎之助二軍監督が最有力候補として目されている。その一方、一部からは大穴候補として桑田真澄投手チーフコーチ補佐や元木大介ヘッドコーチの名前も挙がっているが、現実的に見て可能性は低い。

続きはJBpressで
(会員登録が必要な場合があります)