共感呼ぶフォントの話がTwitterで話題 「オレはバカじゃなかった」と子供が涙

記事まとめ

  • フォントを変えたら文字を読めなかった子が読めるようになった話が、SNSに投稿された
  • 『UDデジタル教科書体』にすると読めるようになったといい、多くの『いいね』がついた
  • 文字の読書きに障害のあるディスレクシアの人達は、フォントにより読めないことがある

「読める」「バカじゃなかった」共感呼ぶフォント  大反響を生んだツイート「UDデジタル教科書体」とは何か

「今日、訪問した支援者の方から『UDデジタル教科書体』に変えたら、今まで文字を読めなかった子が『これなら読める!オレはバカじゃなかったんだ……』と言って、皆で泣いてしまったという話を聞いた。その話を聞いて、書体が手助け出来たことの嬉しさよりも、その子が今まで背負ってきた辛さ、…(続」

 2019年4月3日、ツイッターに投稿されたこのつぶやきには、21000件を超えるリツイート、38000件の「いいね」がついた。その内容は、普段あまり注目されることのないフォントについて。

 ツイートは次のように続く。 

「自分をバカだと思ってしまうほどの切ない体験をどれだけしてきたのかと、今まで放置されてきた書体環境に胸が締め付けられ、タイプデザイナーとして申し訳ない気持ちでいっぱいになった。きっと書体を変えただけでなく、支援者の方が子どもに寄り添い、その子が読みやすい組版を提供したのだろう。(続」
「支援者の方が沢山の書体の中から『UDデジタル教科書体』を見つけ、うまく役立ててくれていたことに頭が下がる。『障害は人がもっているのではなく、社会にある』ということを実感した話だった。その子が、これをきっかけにこれから一つ一つ自信を取り戻してくれたら嬉しいな」

 発信者は日本のフォント業界の雄であるモリサワの高田裕美さん。

「デザインに合っている」「目立つ」「かっこいい」などの理由で選ばれがちなフォント。しかし、実はフォントによって読めなかったり、読みにくかったりする人もいる。例えば、文字の読み書きに障害のあるディスレクシア、ロービジョンといった人たちだ。

 情報があふれる時代において、多くの人の読みやすさと向き合ってきた「フォント」についてご紹介する。

 私たちが普段目にしている雑誌や書籍、ウェブサイト、はたまた駅名の表示や商品パッケージに使われている文字。実はその文字の形にはある一定のルール(特徴や様式)があり、そのデジタル化した書体のことを「フォント」と呼ぶ。

 その種類は大きく3つ。

 1つは、明朝体。仮名が筆で書いた楷書の形状であることが特徴的なこのフォントは、縦線が太く、横線が細い。また縦横線の太さの比率が異なり、図1にあるような「うろこ」「セリフ」など飾りの様なものがある。

 パソコンでWordファイルを開いたときに「ホーム」タブの左上のボックスでフォントを選ぶことができるが、「MS明朝」などがポピュラーな明朝体のフォントである。

(実際には、目の錯覚〈錯視〉に対応するため、縦横の太さは全く同じわけではない)。

 日々、文字と向き合っている出版社の編集者であっても、明朝とゴシックと二つに分類することが多いが、フォント作りの現場では、「角」と「丸」に分け、先述した明朝体とあわせて、「基本3書体」と呼んでいる。

関連記事(外部サイト)