村田諒太の次戦、「カネロ」も「GGG」も困難か スーパースターとの対決への期待高まるも実現への道は険しい

 日本のボクシング人気は確実に高まっているようだ。

 フジテレビ系列で12日に放送されたボクシングのダブル世界タイトルマッチは関東地区で平均視聴率9・9%、最高視聴率14・9%をマーク。一方、関西地区の視聴率はこれをさらに上回って平均12・9%。最高20・8%の数字を叩き出した。裏番組ではテレビ朝日系列でプロ野球の「マイナビオールスターゲーム・第1戦」(東京ドーム)が放送されており、平均視聴率は関東地区が9・1%、関西地区で13・4%だった。関東地区に限って言えば、人気コンテンツのプロ野球球宴をボクシング中継が平均視聴率で越えたことになる。関西地区でも0・5%しか変わらず、いかにこの日のボクシング中継が世の中の興味を集めていたかが、数字として表れた格好だ。

 この中継では2人の関西出身の世界王者が圧倒的な強さを見せつけた。まずはWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(BMB)が同級1位のジョナサン・タコニン(フィリピン)を4回TKO勝ちで下し、6度目の王座防衛に成功。そしてメインのWBC世界ミドル級選手権は前王者で挑戦者の村田諒太(帝拳)が劇的な2回TKO勝ちで王者のロブ・ブラント(米)に雪辱を果たし、鮮烈なインパクトを残した。

期待高まるスーパースターとの対戦

 特に村田は一夜にしてヒーローに返り咲いた。下馬評では分が悪く苦戦を予想する有識者も数多くいただけに、それを見事に覆して最高の形でリベンジを成し遂げたことで日本中を感動の渦へと巻きこんだ。その余韻は数日が経過した今もまだ残っている。

 その村田には次の対戦相手が誰になるのかが注目されている。ブラント戦の直後には帝拳との共同プロモーターとなっているトップランク社のボブ・アラム氏が一部メディアに対し、WBA世界同級スーパー、IBF同級、WBC同級フランチャイズと3団体のチャンピオンベルトを保持して統一王者≠ノ君臨する「カネロ」ことサウル・アルバレス(メキシコ)との一戦を希望しているとも報じられた。さらに国内の別のメディアでは、元同級統一王者でカネロの宿敵でもある「GGG」ことゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)が村田の次期対戦候補として有力視されているようだ。

関連記事(外部サイト)