ブルペンに見る練習姿勢への疑問、上原浩治の投球論 ブルペンエースは誰でもなれる

ブルペンに見る練習姿勢への疑問、上原浩治の投球論 ブルペンエースは誰でもなれる

ブルペンに見る練習姿勢への疑問、上原浩治の投球論 ブルペンエースは誰でもなれるの画像

ジャイアンツで約21年にわたる現役生活を終えた上原浩治。ピッチングスタイルを築くために必要だったことを「自分を知ること」と言った。「自分を知ること」で、練習の取り組みも大きく変わるのだ、と。例えば「ブルペン」は――。
上原浩治の引退までを綴り大きな話題を呼ぶ『OVER 結果と向き合う勇気』より紹介する。

「ブルペンエース」は誰でもなれる

「自分を知る」ことができると、野球のプレーについても視野がどんどん広がっていく。

 僕の場合、ピッチングには相手の感覚(バッターがどう感じるか)が大事だ、と思うようになり、それを逆算していろいろな練習をするようになっていった。

 ブルペンはそのひとつだ。

 ジャイアンツに入った1年目、僕は一度もブルペンに入らなかった。今思えば、ジャイアンツはよく許してくれたと思う。

 当時はそれでいいと思っていたけれど、2年目以降はブルペンはひとつの欠かせない練習になっていった。

 ただ、多くのピッチャーのブルペンを見ていると、首を傾げたくなることもある。

 例えば、キャッチャーが真ん中に構えて、そこへ強いストレートを投げる。すると、キャッチャーはたいてい「ナイスボール!」と大きな声を出す。

 そこで思う、「それ、試合で投げたら打たれてないか?」

 もちろん、試合は相手あってのこと。打たれない可能性もあるが、基本的にど真ん中にストレートを投げて「ナイスボール」と言われる瞬間は、プロの試合には存在しない。150キロを超えていたって駄目だ。

 他にも、コースをずっと狙って投げ続ける練習。バッターがいない中で、そこに投げられるのは当たり前である。

「ブルペンエースは誰でもなれる」は僕の持論で、そのレベルではプロでは通用しない。試合の、バッターが立った状態で、その球をどれだけ再現性高く投げられるかが、勝負の分かれ目なのだ。

 であるとすれば、バッターがいない状態でコースにビシビシ投げられるのは最低条件で、そのうえで、少なくともバッターボックスに人を立てるなど試合に近いシチュエーションで投げる練習をする必要があるだろう。

関連記事(外部サイト)