話と違う!工場で搾取される出稼ぎ外国人たち HONZ特選本『ルポ ニッポン絶望工場』

話と違う!工場で搾取される出稼ぎ外国人たち HONZ特選本『ルポ ニッポン絶望工場』

日本の工場で多くの外国人「留学生」や「実習生」が苛酷な労働を強いられている(写真はイメージ)

(文:吉村 博光)

 世の中には「知っておくべきだが、知らされていない事実」がたくさんある。本書が伝えるのは、日本で過酷な労働を強いられている「留学生」や「実習生」の実態である。

 出稼ぎベトナム人と、彼らを食い物にする日本語学校、低コストで彼らを雇う企業という三すくみの構図がメインだ。また、中国人や日系ブラジル人減少している理由や、外国人介護士が定着しない理由についても書かれている。

約100人の中国人実習生がホタテの殻?き

 本書に書かれていることは、日本人として「知っておくべきこと」の一つだと私は強く感じた。

 本書によると、日本で暮らす外国人の数は、昨年1年間で約11万人増え、過去最高の約223万人に達した。こうして増加した外国人の半分以上は「実習生」と「留学生」として日本にやってきているそうだ。

 実習生・実習生とも、前年比15パーセントの増加。まさに、急増である。

 なぜ、そうなったのか。本書によると、その答えは出稼ぎである。日本の労働人口は減り続けており、とりわけ体力が必要な仕事は働き手が不足している。「実習生」と「留学生」として来日し、単純労働の担い手になっているそうなのだ。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)