「悪魔」の名を持つDucati Diavelが、映画「デスノート Light up the NEW world」に登場!

「悪魔」の名を持つDucati Diavelが、映画「デスノート Light up the NEW world」に登場!

「悪魔」の名を持つDucati Diavelが、映画「デスノート Light up the NEW world」に登場!の画像

2016年・秋に公開される待望の最新作、映画「デスノートLight up the NEW world」にて、作品内の重要人物で池松壮亮が演じるLの後継者・竜崎の愛車としてDucati Diavel(ディアベル)が登場することを、ドゥカティ ジャパン株式会社が発表しました。

劇中の様々なシーンで圧倒的な存在感を放つ”Diavel”が活躍します。

2003年に原作・大場つぐみ、作画・小畑健により「週刊少年ジャンプ」で読み切りが掲載され、同年12月から2006年5月まで連載された累計発行部数3000万部を誇る、カリスマ的人気コミック・デスノート。

2006年には実写映画『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』の前・後編の二部作が公開されました。

今回の『デスノートLight up the NEW world』は「夜神月とLの死後から10年経った世界」の話で、前作の正当な続編であり完全新作映画として公開されます。

そしてこの作品内で、「Lの遺伝子を持つ後継者」である竜崎(池松壮亮)がDucati Diavelに乗って登場します。

Diavel(ディアベル)とは、ドゥカティ本社があるイタリア・ボローニャの方言で「悪魔」の意味を持ちます。

開発初期段階にプロトタイプ(試作モデル)が組み立てられ、ドゥカティ設計陣の前に初めて姿を現わした日のこと。開発者の1人が後方からのシルエットを見て、

“Ignur?nt comm’ al diavel!”

つまりボローニャの言葉で「悪魔だ、まるで悪魔みたいだ!」と思わず発したことに由来しているのです。黒を基調としたファッションで登場する竜崎にぴったりのバイクですね。ワイルドかつ洗練された見た目です。

そして見た目だけではなく、最新のテクノロジーを導入することにより非常にスムーズで「快適性」と「実用性」を両立させた、クルーザータイプでは珍しい「走りを重視したモーターサイクル」なのです。

大人気シリーズということもあり、すでに「見に行こう!」と決めていた人は多いでしょう。映画をご覧の際はこのディアベルにも注目してみてください。

様々なシーンで池松壮亮さん演じる竜崎と共に登場するので、あまりのかっこよさに自分まで乗りたくなってしまうかもしれません。

(ライター:阿部 ゆうな/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連リンク】

映画『デスノート Light up the NEW world』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/

【関連記事】

夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」

こいつは一体何なんだ?!水陸両用のスーパーバイク「BISKI」

バイクで半袖短パンはいけないの?MotoBe編集長が思う見解

【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!

「悪魔」の名を持つDucati Diavelが、映画「デスノート Light up the NEW world」に登場!(http://clicccar.com/2016/09/17/396329/)

【関連記事】