SBドライブがスズキ、遠州鉄道、浜松市と自動運転の連携を締結

SBドライブがスズキ、遠州鉄道、浜松市と自動運転の連携を締結

SBドライブがスズキ、遠州鉄道、浜松市と自動運転の連携を締結の画像

SBドライブ、スズキ、遠州鉄道、浜松市の4者は、浜松市で自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスを事業化する連携協定を締結したと発表しました。

SBドライブは、ソフトバンクと東大の研究グループが自動運転の技術コンサルタントのために設立した会社で、これまでもスマートモビリティーサービスに関して、北九州市、白馬村などと協定を締結しています。

今回の4者による協定で注目されるのは、いままでのSBドライブとの連携に参加していなかった自動車大手のスズキが参加している点です。

SBドライブは、親会社のソフトバンクが発売している人型ロボット「pepper:ペッパー」で開発したロボット技術を本格的に自動車の自動運転に応用するすることを目指しており、一方スズキも、自動運転技術で有力な提携先を探しており、両社の思惑が今回の協定で一致した形です。

自動車自体の技術に関して実績が少ないSBドライブの自動運転技術と、スズキの連携でどのような自動運転車が生まれるかが注目されています。

(山内 博・画像:SBドライブ、ソフトバンク)

SBドライブがスズキ、遠州鉄道、浜松市と自動運転の連携を締結(http://clicccar.com/2016/09/07/397713/)

【関連記事】