新型アウディA4オールロードクワトロ、658万円で発売!! A4アバントとどこが違う?

新型アウディA4オールロードクワトロ、658万円で発売!!  A4アバントとどこが違う?

新型アウディA4オールロードクワトロ、658万円で発売!! A4アバントとどこが違う?の画像

世界的なSUVブームといえる状況が続いています。ひと言でSUVといってもサイズやタイプは多様であるものの、概ね背が高く、周囲を見渡せる視界の良さ、十分な悪路走破性、高い積載性などを備えて、新しいファミリーカーあるいは、スポーティモデルとして定着しています。

SUVの1ジャンルとして、クロスオーバーモデルとしてステーションワゴン派生型もあります。1999年、アウディが2代目A6アバント(社内コードC5系)の車高を高めて仕立てたアウディ・オールロードクワトロは、4段階の車高調整が可能なエアサスペンションを装着。ステーションワゴンの使い勝手に加えて、ラフロードなら問題なく走破できる悪路走破性を備えたモデルとして登場しました。

新型A4オールロードクワトロは、ベースのA4アバントよりも最低地上高を30mm高め、悪路走破性を向上させているだけでなく、ルーフレールをアバントのようにルーフへの埋め込み式ではなく、従来型とすることでキャリアなどの装着性をより向上。

なお、新型A4オールロードクワトロのボディサイズは、全長4750×全幅1840×全高1490mmで最低地上高は170mm。A4アバントよりも全高が35mm高くなり、最低地上高は先述したように30mm高くなっています。ロードクリアランスを30mm高めた分、全高も30mm高くなっているのではなく、35mmアップとなっていますが、5mmの差はルーフレール形状の差のようです。

エンジンは、252ps/370Nmの2.0L直列4気筒ターボのみで、A4アバントに設定されているFF向けの190ps/320Nm版は用意されていません。

駆動方式はもちろん、AWDのクワトロのみ。ただし、アウディの生産モデルとして初となる「ultraテクノロジー」を使った「quattro(クワトロ)」システムが搭載されています。

2つの駆動力断絶機構をクワトロに付加することで、プロペラシャフトとリヤデフが切り離され、前後駆動配分が「100:0」になるFF走行が可能になるもの。4WDならではの機械抵抗がなくなり、燃費向上に寄与するシステム。

そのほか、内装のデザイン、安全性や積載性などはA4アバントに準じていて、アウディの最新技術が満載されています。

ステーションワゴン派生型の使い勝手の良さは、「分かる人には分かる」まさに通好みで、いつの時代も一定のニーズがあるそう。カタログモデルとしてリリースされた新型アウディA4オールロードクワトロの価格は658万円です。

(文/写真 塚田勝弘)

新型アウディA4オールロードクワトロ、658万円で発売!! A4アバントとどこが違う?(http://clicccar.com/2016/09/06/397809/)

【関連記事】