好調なセールスが続くGLCに863万円の「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC」を追加

好調なセールスが続くGLCに863万円の「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC」を追加

好調なセールスが続くGLCに863万円の「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC」を追加の画像

メルセデス・ベンツのプレミアムミドルサイズSUV「GLC」に、プラグインハイブリッドモデルと、ここでご紹介する「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC」の2モデルが2016年9月8日に追加されました。

注目点のひとつであるエンジンは、「Mercedes-AMG」専用開発となる3.0L V型6気筒ツインターボ「BlueDIRECT」。

最大圧力200barを誇るピエゾインジェクターによるスプレーガイド式燃焼システムにより、常に最適な燃焼状況を作り出せるだけでなく、クランクケースと シリンダーヘッドをアルミニウム製とすることで軽量化も実現。

こうしたMercedes-AMGの最新テクノロジーによって最高出力367ps(270kW)、最大トルク520Nmを発揮し、0-100km加速は4.9秒を記録(欧州仕様値)。

ハイパワー化に伴い4WDシステムも強化されています。Mercedes-AMGが開発した「AMG 4MATIC」は、駆動力の変動によるステア特性の変化が少ないため、直線でもコーナーでもドライバーの意志に忠実に、正確に路面をトレースする安定した挙動を実現しているそうです。

さらに、「31:69」とリヤ寄りのトルク配分により、スポーツ走行時などで強力なトラクションと安定感あるハンドリングを実現しているとのこと。

足まわりも「Mercedes-AMG」の手による「AMGスポーツサスペンション」を採用。

「AMGダイナミックセレクトスイッチ」もしくは専用ボタンの操作で「Comfort」、「Sport」、「Sport+」の3つのモードから電子制御ダンピングシステムの減衰特性を選択することが可能。ダイナミックなスポーツ走行はもちろん、快適な長距離ドライブまで高い俊敏性と快適性を両立しているというのも美点でしょう。

ブレーキも強化されています。フロントに360mmのドリルドベンチレーテッドディスク、リヤに320mmのベンチレーテッドディスクを装備。ハイパフォーマンスに対応する強大な制動力と耐フェード性、ペダル操作に対する優れた応答性を発揮。

ほかにも、クルージング走行からスポーツ走行まで、センターコンソールのスイッチを操作するだけでセッティング可能な「AMGダイナミックセレクト」を用意。

トランスミッションのシフトプログラムに加えて、エンジン特性やサスペンションの減衰特性、ステアリング特性、ECOスタートストップ機能が連動して可変します。

AMGらしさでは、軽量かつ低背圧タイプの「AMGスポーツエグゾーストシステム」が見どころ。モータースポーツを想起させる迫力あるサウンドを発生し、とくに「S+(Sport Plus)」モードでは官能的なV6サウンドが楽しめるそうです。

また、エクステリアにサイドミラーやフロント&サイドスカートなど随所に艶のあるブラックのアクセントが配された「ナイトパッケージ」が装備されるとともに、足元にはツインカラーの21インチ「AMG 5ツインスポークアルミホイール」を設定することでスポーティムードを強調。

気になる「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC」の価格は863万円となっています。

(塚田勝弘)

好調なセールスが続くGLCに863万円の「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC」を追加(http://clicccar.com/2016/09/14/398755/)

【関連記事】