FF世界最速へ再び ─ ルノー・メガーヌRS次期型、いざニュルへ

世界を代表するルノーのホットハッチ『メガーヌRS』次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースへ姿を見せました。

ここ北コースは、「メガーヌRS」にとって因縁の場所。一度はFF世界最速記録を打ち立てましたが、現在はVW「ゴルフGTIクラブスポーツS」にその座を奪われています。

次期型では、FF世界最速の座を奪還すべく、開発が進められているようです。

プロトタイプは「メガーヌGT」のミュールボディですが、ワイド化されたフェンダーに、ブレンボ製ブレーキセット、センター出しツインエキゾーストパイプなど、ハイパフォーマンスモデルのエクステリアが見て取れます。

世界王者奪還へ託されたパワートレインは、デュアルクラッチトランスミッションEDCと組み合わされた、2リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高馬力は305ps〜310psを発揮します。

また、新たな4WDシステムの採用も期待されています。

ワールドプレミアは2018年。FF世界最速記録へのカウントダウンが始まりました。

(APOLLO)

FF世界最速へ再び ─ ルノー・メガーヌRS次期型、いざニュルへ(http://clicccar.com/2016/09/18/399950/)

【関連記事】