ニュルに謎のSクラス・クーペが出現。正体は次世代のSL?

ニュルを高速で走る一台のメルセデスベンツ。一見「Sクラス クーペ」に見えますが、横から見るとホイールベースが極端に切り詰められているのが分かります。

関係者によると、このプロトタイプはラグジュアリークーペ「SL」次世代型試作車のようです。

この新型には「SLC」次期型同様、スポーツモデル用の「MSA」(モジュラー・スポーツ・アーキテクチャー)が採用される見込みです。

「MSA」は、メルセデスの他プラットフォーム同様、軽量化に特化しており、次期型では大幅な減量がされます。

リポートによれば次期「SL」は「AMG GT」のようなアグレッシブなフロントエンドとかつて無い、美しいルーフラインを持つと伝えています。

ワールドプレミアは2018年後半と噂されています。

(APOLLO)

ニュルに謎のSクラス・クーペが出現。正体は次世代のSL?(http://clicccar.com/2016/09/19/399957/)

【関連記事】