日産/ルノーが累計35万台のEVを販売、4.5億トン超のCO2排出を抑制!

日産/ルノーが累計35万台のEVを販売、4.5億トン超のCO2排出を抑制!

日産/ルノーが累計35万台のEVを販売、4.5億トン超のCO2排出を抑制!の画像

日産自動車が2010年12月にピュアEV「日産リーフ」を発売以来、今年8月までに世界で累計25万台以上のEVを販売したそうです。

「リーフ」の累計走行距離は27億kmを超えており、世界で約4.5億トンのCO2排出を削減。2014年以降は「リーフ」に加えて「e-NV200」を国内と欧州を中心に導入。

同社がこれまでに世界で販売した25万台のうち、米国、日本、欧州の3地域が全体の9割を占めており、中でも米国が9.7万台と最も多く、次いで日本が6.8万台、欧州が6.1万台の割合になっているそうです。

一方、日産がアライアンスを組むルノーでも、「SM3 Z.E.」、「ZOE(ゾエ)」、「Kangoo(カングー)Z.E.」、「Twizy(トゥイジー)」の4車種のEVを販売しており、2011年10月の「KangooZ.E.」発売以降、世界で累計10万台のEVを販売。

ルノー・日産アライアンスとして、これまでに累計35万台を販売するなど、世界で販売されたEVの半数を占めており、中でも「日産リーフ」はグローバルで累計23万台以上を販売する業界最量販EVとなっています。

日産は昨年11月、同車の航続距離を250kmに向上させたモデルを米国と日本に導入、欧州でも今年初めに発売。

またルノーも昨年「ZOE」の航続距離を+30km延長、充電時間を10%短縮、電気制御の最適化によりモーターの効率を向上させるなど、ルノー・日産アライアンスでは今後もEVの革新を続ける考えとしています。

さらにアライアンスは今年1月、2020年までに自動運転技術を10モデル以上に採用する計画を発表。

今後主要な量産車に手頃な価格で搭載することで、「ゼロ・エミッション」、「ゼロ・フェイタリティ」の実現に向けたコミットメントを確固たるものにするとしています。

(Avanti Yasunori・画像:NISSAN、RENAULT)

【関連記事】

日産ノートにモータードライブの「セミEV」が登場する!?
http://clicccar.com/2016/09/09/397633/

内燃機関の可能性に挑む!日産が新型「QX50」に次世代エンジン搭載か?
http://clicccar.com/2016/08/31/396181/

日産が新型セレナで実現した自動運転「レベル2」って何?
http://clicccar.com/2016/08/27/395565/

日産が米国でインフィニティのフラグシップセダンを公開!
http://clicccar.com/2016/08/21/393771/

日産がプロパイロット搭載の新型「スカイラインクーペ」を年内発売か?
http://clicccar.com/2016/08/12/392439/

日産/ルノーが累計35万台のEVを販売、4.5億トン超のCO2排出を抑制!(http://clicccar.com/2016/09/21/400666/)

【関連記事】日産・GT-Rが早くも今年度の販売計画台数を達成!新型セレナは、広くて使える快適空間が魅力!FF世界最速へ再び ─ ルノー・メガーヌRS次期型、いざニュルへ