【F1速報×F1女子〜シンガポールGP号〜】ドライバーズチャンピオンシップリーダーに舞い戻りニコニコのロズベルグ選手

【F1速報×F1女子〜シンガポールGP号〜】ドライバーズチャンピオンシップリーダーに舞い戻りニコニコのロズベルグ選手

【F1速報×F1女子〜シンガポールGP号〜】ドライバーズチャンピオンシップリーダーに舞い戻りニコニコのロズベルグ選手の画像

9月18日(日)にF1唯一の市街地ナイトレース、シンガポールGPがマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで開催されました。

オープニングラップからセーフティーカーが導入され、波乱のスタートで始まったシンガポールGP。そんな中、ニコ・ロズベルグ選手(メルセデス)がポール・トゥ・ウィンで勝利し、ドライバーズチャンピオンシップリーダーに舞い戻りました。

ニコニコのロズベルグ選手が表紙の「F1速報シンガポールGP号」の見所をみていきましょう!

■GRAND PRIX PLAY BACK

写真でグランプリを振り返る「GRAND PRIX PLAY BACK」。ページをめくった瞬間、その美しさに心を奪われました。

マリーナベイ・サンズの壁にF1マシンが映し出されるなど、街全体がF1ムードになるシンガポールGP。私は2度現地観戦したことがあるのですが、何より驚いたのはコースの明るさでした。近くを走る一般道との明るさの違いは、写真で見ても一目瞭然ですよね。この幻想的な雰囲気は一度行ったらやみつきになります。

■FOCUS 拳中にあり

セッティングに不満を抱えたルイス・ハミルトン選手(メルセデス)を尻目に、チームメイトのロズベルグ選手は予選で圧巻のポールポジションを獲得。レースでも波乱含みの終盤をしのぎ切り、過去未勝利のシンガポールを制しました。

この週末のふたりの明暗には、メルセデスのエクゼクティブディレクター(ビジネス)のトト・ウォルフ氏も驚きを隠せなかったようです。
「いつもはルイスには卓越したペースがあると言っているが、今回はニコのほうがそれに当てはまったね。本当に目が眩むように速かった。予選であんなに差をつけるなんて、シンガポールでは珍しい。レースでもペースをコントロールしていた。」
一方、ハミルトン選手の災難については
「出足でつまずいたね。FP2で油圧系が液漏れしてしまい、十分なラップを走り込めなかった。セットアップの確認ができず、いつも通りのマシンではなかったんだ。レースでもブレーキ温度が上がってからは、それを抑えるのに手こずっていたし。今回はドライバーエラーが原因ではなく、彼にはツイていない週末だっただけだ。」
と語っています。

現行レギュレーションでは最後のグランプリ開催となる今年のF1日本GP。優勝争い、戦略&タイヤ、ドライビング、データの4つのキーポイントから、気になる日本GPの行方を占います。

■松田次生が分析するドライビングの見どころ

現役SUPER GT、SUPER FORMULAドライバー、鈴鹿サーキットを知り尽くしている松田次生選手が、ドライビングの見どころを解説しています。
「鈴鹿は1周をまとめるのが難しいサーキットです。S字やデグナーなど難しいコーナーが多いですし、仮に130Rまでうまくいったと思ってもシケインのブレーキングでミスをしてしまうことがあるので、ドライバーにとっては完璧なラップを刻むのが大変なコースだと言えます。」

また、注目しているチームについて
「個人的に注目しているチームはレッドブルですね。フロントの回転性が良く、マシンの性能的にセクター1、2を得意としていますし、ルノー製パワーユニットも進化してストレートスピードが上がり、コーナーの多い区間では時おりメルセデスを上まわることもあります。正直かなり難しいとは思いますが、もし予選で彼らの間に割って入ることができれば、レースは面白い展開になるかもしれません。」
また、注目チームのドライバーについては
「フェルスタッペンはまだ若くイケイケな部分もあるので、ずっと『オン』のまま走っているように感じます。鈴鹿の路面はタイヤに対して攻撃性が高いので、彼がレースでどんな走りを見せてくれるのかは見どころのひとつですね。」
「対するリカルドは、平均してどのサーキットでも速いドライバーだと思います。予選でもミスが少なく、レースではより成熟し、今季は『大人の走り』をしているように見えますね。彼の最大の武器は、なんと言ってもブレーキングのうまさです。」
と語っています。ドライビングスタイルが正反対な二人が日本GPでどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、楽しみですよね。レース展開を面白くしてくれることにも、期待したいです!

■鈴鹿に持っていきたい! 日本GP観戦グッズ2016

F1日本GPといえばファンの方の熱心な応援が有名で、応援するドライバーのグッズを身に着けたり、手作りグッズを持ってきていたりと、まるでお祭り状態!

こちらのページでは、今年もぞくぞくと発売されたF1観戦グッズ達がたくさん紹介されています。

うーん・・・、どれも魅力的なグッズばかりで、全部欲しくなっちゃいます(笑)。例年、メルセデス、フェラーリ、マクラーレンのグッズを身に着けている人が多いような気もしますが、今年はどうでしょうか。マックス・フェルスタッペン選手(レッドブル)のTシャツが人気出そう!

さらにさらに! 赤い「プレゼントマーク」がついたグッズは、各1名様にプレゼント!!  日本GPに間に合うように発送されるそうなので、当選された方は鈴鹿サーキットに持って行くことができますよ。ぜひ応募してみてくださね(^^)

(yuri)

【F1速報×F1女子〜シンガポールGP号〜】ドライバーズチャンピオンシップリーダーに舞い戻りニコニコのロズベルグ選手(http://clicccar.com/2016/09/24/401369/)

【関連記事】バトン今年で最後!? そのイケメンの勇姿を鈴鹿サーキットで見よう!【2016 F1日本GP】F1ファン必見ウォッチ! カシオ・エディフィス「スクーデリア・トロ・ロッソ・リミテッドエディション第1弾」発売!!F1参戦200戦目のニコ・ロズベルグがシンガポール初優勝!ランキングもトップに!!【2016 F1第15戦シンガポールGP】