フェラーリ史上初となるV8ターボ搭載の4シーター「GTC4Lusso T」がパリショーでデビュー

9月29日のプレスデーを皮切りに10月1日から一般公開されるパリモーターショーにおいて、フェラーリ史上初となるV8ターボエンジンを搭載した4シーターモデルである「GTC4Lusso T(GTC4ルッソ T)」 が公開されます。

スポーツカーとしてはもちろん、居住性や多用途性に富むフェラーリ「GTC4Lusso」には、最高出力690ps/8000rpm、最大トルク697Nm/5750rpmを誇るV12気筒エンジンを搭載。さらに、4WDに加えてリヤホイール・ステアリング機構を備えるなど、グランツーリズモとして一級の性能が追求されています。

間もなく開催されるパリモーターショーで公開される「GTC4Lusso T」には、フェラーリの4シーターに初めてV8ターボが搭載されるのがトピックス。

3.9LのV8 ターボエンジンは、610ps/7500rpm、760 Nm/3000-5250 rpm を誇り、「2016 年インターナショナル・ エンジン・オブ・ザ・イヤー」の総合部門1 位にも輝いた最新のエンジンになっています。

V12を上回る最大トルクが目を惹きますが、V8 ターボエンジンは日常の市街地走行に適しているそうで、低回転域ではサウンドも控えめでありながら、一転して高速走行でのパワフルなサウンドを響かせるのが特徴。

さらに、フレキシブルなモジュラー・トルク伝達により低回転域からレスポンスよく、迅速なピックアップを広範囲で実現させているそうです。

同モデルの加速感は、低速域から高速域まで、ターボラグを一切感じさせないスロットルレスポンスを実現させた可変ブーストマネージメントによって強化。エンジン回転の上昇とともに途切れることなく滑らかにGを高め、3速から5 速の間のトルク曲線は、「GTC4Lusso T」の特徴的なスポーツ性と加速感をもたらします。

また、ドライバーの意思に対応すべく、レスポンスを高めるためのチューニングも施されています。「サイドスリップコントロール(SSC3)」とともに装備された 4WS システムは、リヤホイール・ステアリングによりコーナーの入口と出口で前輪と同方向に後輪をステアさせることで、ステアリング操作に対する応 答性能をさらに鋭敏されているそうです。

シューティングブレーククーペのコンセプトを備えたエクステリアは、ファストバックを思わせるシルエットを描く、鋭い流線型のフォルムが特徴。

キャビンは、フェラーリならではのスタイリングと4 シーターGT のエレガンスを表現。ドライバーとパッセンジャーがドライビング・エクスペリエンスを共有できるように開発された「デュアルコックピット・アーキテクチャー」が採用されていて、10.25 インチの HD 静電容量方式タッチスクリーンを備えた最新インフォテイメントシステムも見どころになっています。

(塚田勝弘)

フェラーリ史上初となるV8ターボ搭載の4シーター「GTC4Lusso T」がパリショーでデビュー(http://clicccar.com/2016/09/25/401752/)

【関連記事】日本車のデザインは本当に「つまらない」のか?を検証フェラーリが日本の公道を走って50周年記念の「フェラーリ GENUINE アクセサリー・フェア 2016」を実施フェラーリのエンジンが「世界最高」との評価を受賞!