メルセデスAMG E63エステート、次世代型に新グリル採用か?

メルセデス AMG E63エステート次期型のレンダリングCGを、欧州エージェントから入手しました。

大きな変化は、『AMG GT R』同様のフィンが縦に配置された「AMGパナメリカーナ」グリルが装備されている点。これまでのドットの入ったグリルと決別し、今後この新グリルを全てのAMGモデルに取り入れるようです。

フロントバンパーやエアインテークも新デザインが採用されています。

パワートレインはダウンサイジングされる4リットルV型8気筒エンジンを搭載し、最高馬力は571psと伝えられています。

ワールドプレミアはセダンが2016年内、エステートは2017年3月が有力です。

(APOLLO)

メルセデスAMG E63エステート、次世代型に新グリル採用か?(http://clicccar.com/2016/09/27/401860/)

【関連記事】【IAA 2016】ダイムラーがEVトラックを来年後半に導入!スズキ スイフトスポーツ次世代型がスゴイ!150馬力ブースタージェット搭載だ295馬力へ!VW ゴルフ・ヴァリアントの最強モデル「R」に改良型登場