BMWがFCVの試作車を公表。航続可能距離500km以上、価格は既存車から1割増しで投入へ

BMWがFCVの試作車を公表。航続可能距離500km以上、価格は既存車から1割増しで投入へ

BMWがFCVの試作車を公表。航続可能距離500km以上、価格は既存車から1割増しで投入への画像

トヨタとスポーツカーとFCV(燃料電池車)の両面で提携しているBMW。FCVのテスト車両および市販化までのロードマップを紹介するプレス向けの説明会を開催しました。

公開されたテスト車両は、南フランスのテストコースで開催された「BMW Group Innovation Days 2015」などでデモ走行も披露されている5シリーズ・グランツーリスモがベース。

燃料電池システムはトヨタのそれで、5シリーズ・グランツーリスモ用にアジャストされているそう。

なお、FCVの試作車はほかにも2シリーズ アクティブツアラーなどがあります。

公開された試作車は、電気モーターの出力が150kW/200psで、最高速は180km/h、0-100km/h加速は8.4秒、水素充填量および航続可能距離(EUサイクル)は4.5kgで450km、7.1kgで700kmとなっています。

BMWもトヨタとの協業により、FCVとして技術的には現在でも市販化できるところまで酷暑、極寒の地を含めてテストされているのでしょうが、2020年までに市販化とアナウンスしたのは、水素ステーションなどの「インフラ整備」そして、「価格面」をクリアする必要があるとのこと。

インフラ整備は、ドイツでは2018年までに140の水素ステーションが設置予定で、導入状況により2023年までに260追加される見込み。

なお、トヨタとの協業は、燃料電池システムの技術面だけでなく、水素インフラ整備を官民に働きかける、充填システムなどといった業界に統一規格化を主導するという面も大きいそうです。

価格は、従来のBMW車に対して1割までの価格上昇がユーザーに許容される範囲と予想、現時点では残念ながらクリアできないそう。

ほかにも、ベース車に対して居住性や積載性が大きく犠牲にならず、BMWらしい「駆け抜ける歓び」ももちろん追求されています。

今回は残念ながらBMW i8をベースとしたFCVの実車はなくプレゼンの写真だけでしたが、BMWならではのFCVが従来モデルよりも1割アップの価格でリリースされればかなりの反響がありそうです。

(文/写真 塚田勝弘)

BMWがFCVの試作車を公表。航続可能距離500km以上、価格は既存車から1割増しで投入へ(http://clicccar.com/2016/09/28/402679/)

【関連記事】BMWジャパンが公共充電サービス「ChargeNow」を導入。普通充電の利用料金は永年無料トヨタC-HR、11月上旬予約開始!! TNGA採用のコンパクトSUVが市場を席巻する!?トヨタKIROBO(キロボ)はコミュニケーションするだけなの? CEATECにKIROBOとMIRAIカットボディを出展!