同じ車名で5つのボディ! 3代目カローラは超ワイドバリエーション【Corolla Stories 18/50】

現代のカローラは、セダンのアクシオとステーションワゴンのフィールダーという2つのラインナップとなっています。ところが、どれがいいか迷ってしまうほど、色々なボディがあったのがカローラなのです。

過去にはボディバリエーションの拡大が進み、中でも3代目がもっとも多い車型を持っていました。

3代目をトータルすると、メインのセダンでも4ドアだけでなく2ドアがありました。

このほか2ドアハードトップ、2ドアクーペ、リフトバック、ステーションワゴン、ライトバン(2/4ドア)がラインナップされていのたのです。

インパネデザインについても、セダン&ステーションワゴン(ライトバン含む)と、クーペ、ハードトップ、リフトバックの2種類のデザインが設定されていたのです。

当時はとにかく個性豊かに、ライバルより選べることが重要だったようです。

現在も過去も、コストダウンは必須でしょうが、今よりも人件費が低かった当時、部品の種類が多くなっても人海戦術でクリアしていたからかも知れません。

しかし、そのおかげで個性的な時代が築き上げられていったともいえるでしょう。

(文:カローラせんせい/小林敦志)

同じ車名で5つのボディ! 3代目カローラは超ワイドバリエーション【Corolla Stories 18/50】(http://clicccar.com/2016/09/28/402831/)

【関連記事】トヨタ86の原点! カローラに羊の皮を被った狼、「レビン」が2代目から登場!【Corolla Stories 17/50】3代目カローラが「顔」でグレードが分かりやすかったワケは?【Corolla Stories 16/50】なんと3代目でカローラが生産台数世界一を達成した背景とは?【Corolla Stories 15/50】