ここまでしてるの!? F1マシンに使われる「たった一つ」のネジのストーリーが分厚い【動画】

ここまでしてるの!? F1マシンに使われる「たった一つ」のネジのストーリーが分厚い【動画】

ここまでしてるの!? F1マシンに使われる「たった一つ」のネジのストーリーが分厚い【動画】の画像

いやー、ぜいたくだわー。専用設計で、徹底的に点検してからつけるのね。

レーシングカーというのは市販車とちがってスペシャルなパーツがいろいろ使われているわけです。その中でももっとも予算がかけられているF1マシンなんか、専用部品のオンパレードなんですね。

そこで、レッドブル・レーシングが公開したのが、この動画です。

F1マシンのフロントサスペンションに使うボルトひとつが、いかにしてできあがっているかを追った動画です。

イメージスケッチ(?)から始まって、ボルトを製作するんですが、そのあとの検査の工程もすごい。こんな小さなボルトひとつに、ここまで手間をかけているのか!

BGMのおかげもあって、なかなか高尚な雰囲気にできあがっているこの動画、次のページでどうぞ。

https://youtu.be/iptAkpqjtMQ

いやー、F1ってぜいたくですねー。

たぶんですけど、F1でもなければ、そうとう上のほうのカテゴリーの競技車両であっても、こんなところに専用設計のボルトなんか使わないと思うんですよね。

というのは、たいていのモノづくりの場面においては、コストや工期の制約のなかでいいものを作るというのが重要なわけです。だから専用のネジなんか要求しようものなら「そんなん、汎用品でできんかったら、お話にならんやろが、ぼけ」とかいわれることが多そうです。

もちろん、そこに専用品を使うことで得られるメリットが絶大だったら話は別ですが。

そういう意味では、F1っていうのは本当に異質な世界ですね。きっと、極限まで軽さとかレイアウトとか空力とか強度とかの性能面を追求しないといけないので、こんなネジまで専用設計しないといけないんでしょうね。

(まめ蔵)

ここまでしてるの!? F1マシンに使われる「たった一つ」のネジのストーリーが分厚い【動画】(http://clicccar.com/2016/10/02/403670/)

【関連記事】自動で動くイス「プロパイロットチェア」を日産が製作。飲食店などに貸与する計画もテスラ・モデルS P100Dとランボルギーニ・ウラカン、1/4マイルはどっちが速い?【動画】日産の自動運転技術「プロパイロット」で、人気店の行列が快適に?【動画】