ホンダ・シビック欧州仕様が初公開。エンジンは3種類【パリモーターショー16】

ホンダ・シビック欧州仕様が初公開。エンジンは3種類【パリモーターショー16】

ホンダ・シビック欧州仕様が初公開。エンジンは3種類【パリモーターショー16】の画像

2016年9月29日に開幕したパリモーターショーにおいて、ホンダが欧州シビック(5ドア)を世界初公開しました。

グローバルに数えると10代目となる新型シビックは、ねじり剛性を52%高めた新世代シャシーを与えられています。サスペンション形式は、フロント:ストラット、リヤ:マルチリンクです。

エンジンは、新開発のダウンサイジングターボが中心。ガソリンは1.0リッター3気筒ターボと1.5リッター4気筒ターボ、そして遅れて1.6リッターディーゼルが加わる予定となっています。

センター出しマフラーとするなどアグレッシブでダイナミックな造形のボディとなっていますが、ラゲッジルームも478リッターと広く、実用性も高いレベルで両立したスタイルとしているのも特徴のひとつ。

欧州での発売は2017年初頭を予定しているということです。

(山本晋也)

ホンダ・シビック欧州仕様が初公開。エンジンは3種類【パリモーターショー16】(http://clicccar.com/2016/10/01/403730/)

【関連記事】ギネス記録となるレゴ製ステージで、新型ランドローバー・ディスカバリーがワールドプレミアコンパクトSUVに新風を巻き起こすか!? BMW X2コンセプトが登場【パリモーターショー16】夢の「可変圧縮比エンジン」を日産が世界初公開! その仕組みは?【パリモーターショー16】