マフラーは3本出し!新型シビック・タイプRが世界初公開【パリモーターショー16】

2016年のパリモーターショーでサプライズです。

ホンダがイギリスで生産する欧州シビックをベースとしたタイプR(プロトタイプ)の姿を世界初公開したのです。

スペックについては、赤いブレーキキャリパーや20インチタイヤを履いているといった外観からわかることが示されている程度で、まだまだ謎めいた存在ですが、センター出しの3本マフラーを採用するなど、よりアグレッシブなスポーツマシンになっていることが感じられます。

エンジンフードにエアダクトが設けられるなど、いかにもパワフルなエンジンを積んでいることを感じさせるプロトタイプは、市販を前提としている風情。着実にタイプRの開発が進んでいるという強い意思を示す一台です。

(山本晋也)

【関連記事】

ホンダ シビック「Type R」新型、パリでサプライズ公開か!?
http://clicccar.com/2016/09/25/401847/

マフラーは3本出し!新型シビック・タイプRが世界初公開【パリモーターショー16】(http://clicccar.com/2016/10/02/403747/)

【関連記事】ホンダ・シビック欧州仕様が初公開。エンジンは3種類【パリモーターショー16】新型NSXの開発者が「叶えた」夢と「叶えたい」夢とは?SUV系が人気の中国で日本車がモテモテ? ホンダが好調!