「BMW M3」の30周年記念車「30 Jahre M3」は、450psまで強化された30台限定車

2016年9月30日に全世界500台、日本限定30台で予約受付が開始されたBMW M3「30 Jahre(ドライスィッヒ・ヤーレ 30)」は、1986年に誕生した初代M3の30周年記念モデル。

外観の見どころは、初代M3の特別色として初めてBMWのラインアップに加わった「マカオ・ブルー・メタリック」をはじめ、軽量構造の20インチ鍛造「Mライト・アロイ・ホイール」や、ハイグロスブラック仕上げのキドニーグリル、サイドギル、リヤのモデルバッジといったM3のファンにはたまらない装備の数々でしょう。

インテリアは、前席のヘッドレストに「30 JAHRE M3」のステッチが施されたブラックとフィヨルドブルーの専用バイカラー仕上げの「メリノ・レザー・インテリア」を用意。

さらに、ブラックのクロームハイライトが印象的なカーボンファイバー製インテリアトリムには、「30 JAHRE M3」のロゴに加えて、全世界500台限定のうちの1台であることを示すレタリングが施されるなど、スポーティかつ特別感あふれるキャビンとなっています。

走りの装備では、BMW M3のパフォーマンスをさらに引き上げる「コンペティション・パッケージ」の標準化が最大の注目点です。

自然吸気のような官能的な吹け上がりの良さと、ターボによる圧倒的なパワーを併せ持つ3.0L直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンの最高出力を、通常モデルから14kw(19ps)アップの331kw(450ps)まで向上。0-100km/h加速は4.0秒という俊足ぶり(ヨーロッパ仕様車値)。

足まわりも強化されています。専用タイヤ(前265/30ZR20、後285/30ZR20)をはじめ、ダンパーおよびスタビライザーの特性を専用チューニングした「アダプティブMサスペンション」を標準装備。

電子制御式多板クラッチによりパワーを左右のリヤホイール間で自在に配分する「アクティブMディファレンシャル」やDSCにも専用のチューニングが施されています。

BMW M3「30 JAHRE M3」に用意されるのは7速M DCTのみで、価格は1340万円。希望者多数の場合は、購入当選者を抽選にて決定し、納車は10月末からとなっています。

(塚田勝弘)

「BMW M3」の30周年記念車「30 Jahre M3」は、450psまで強化された30台限定車(http://clicccar.com/2016/10/02/404076/)

【関連記事】ジープ・レネゲードとラングラーに人気装備満載の「Jeep Mojave Edition」を設定コンパクトSUVに新風を巻き起こすか!? BMW X2コンセプトが登場【パリモーターショー16】BMW 3シリーズに新しいエントリーグレード「BMW 318iセダン/リーリング」を設定。価格は409万円から