コペンの「DRESSパーツ」の選択肢が拡大。一般公募で誕生した「コペンアドベンチャー」も発売

外板パネルを樹脂化することで、内外装着脱構造の「DRESS-FORMATION」を実現したダイハツ・コペン。

2016年8月末時点の累計販売台数は、約1万8000台だそうで、ホンダS660とともに軽オープンスポーツカーのマーケットを支えています。

2016年10月3日、「コペンセロ」から「コペンローブ」への外板交換が可能なDRESSパーツがセットで販売されました。

すべての外板をコペンセロからコペンローブへ交換可能な「フルセット」に加えて、フロントパーツのみの交換を行う「フロントセット」、リヤパーツのみ交換を行う「リヤセット」の3つが用意されています。

フルセットの価格は37万4760円(消費税込み、工賃のぞく)、フロントセット/リヤセットは20万6280円となっています。

また、DRESSパーツ特別色としてコペンセロ専用色の「ブリティッシュグリーンマイカ」も設定されています。従来、コペンローブには設定のないボディカラーで、DRESSパーツ購入者のみまとうことができるもの。

そのほか、「D-SPORT」より、コペンエクスプレイ用のDRESSパーツ「コペンアドベンチャー(販売予定価格は25万円)」ボディキットも同日発売されています。

コペンセロの発売と同時に実施した「コペンドレスフォーメーションデザインアワード」にて一般公募の中から最優秀賞に輝き、「東京オートサロン2016」で実車化された「コペンアドベンチャー」を市販仕様にリファイン。

SPKが運営しているダイハツパーツの取り扱いWebサイト「DRESS CLOUD CONCEPT」を通じて全国のディーラーで購入できます。

(塚田勝弘)

コペンの「DRESSパーツ」の選択肢が拡大。一般公募で誕生した「コペンアドベンチャー」も発売(http://clicccar.com/2016/10/05/404627/)

【関連記事】マツダ・ロードスターのハードトップが生産開始。各国で順次販売!BMW 3シリーズに新しいエントリーグレード「BMW 318iセダン/リーリング」を設定。価格は409万円から2016年下半期、要チェックの最新軽自動車はこの2台!