【F1女子のF1日本GP2016】あの伝説のF1マシンが鈴鹿サーキットによみがえる!!

10月8日(土)

今日は朝から雨が降っていましたが、午後には止みフリー走行はハーフウェットコンディションでスタートしました。

予選前の大事なフリー走行は、金曜日に続きニコ・ロズベルグ選手(メルセデス)がトップ。2番手にはダニエル・リカルド選手(レッドブル)、3番手はセバスチャン・ベッテル選手(フェラーリ)が続きました。

フリー走行の後に行われたのが、ブライダルパレード。このパレードは、2016年4月〜2017年3月の期間中に、鈴鹿サーキットで挙式・披露宴をした夫婦が、レーシングコースフルコースをNSXで1周できちゃうという、F1女子にとって憧れのイベントです。

今回パレードしたのは、4月9日に鈴鹿サーキットで挙式を挙げた山本さん。新郎が大のF1好きで、毎年F1を観にきているんだそうです。応援しているチームはホンダ。夢はF1モナコGP観戦! 今日は日本GPを観に行きたいと言っていたご両親も招待できたことが、一番嬉しかったとのことでしたよ(^^)

鈴鹿サーキットが大好きだという二人が、黄色のNSXに乗ってついさっきまでF1マシンが走っていた国際レーシングコースを新郎運転でゆっくりと走ります。コース上ではマーシャルの方がフラッグを振ったり、観客席からも暖かい拍手が送られ、素敵なウエディングドレスをきた花嫁さんは最高の笑顔で手を振っていました。

毎年、さまざまなレジェンドが往年の走りを披露するF1日本GP。今年も10月8日(土)、9日(日)の2日間、レジェンドF1マシンが走行します。

土曜日に走行したのは、シーズン16戦中10勝、セナとプロストの激闘で史上最大のドラマを生んだマクラーレン・ホンダ MP4/5。ドライバーは来季マクラーレンホンダをドライブするストフェル・バンドーン選手です。

マクラーレン・ホンダMP4/5は、当時技術的に難しいといわれたV型10気筒エンジンを搭載。1989年、アラン・プロストとアイルトン・セナのコンビで、シーズン10勝をマークしてコンストラクターズチャンピオンを獲得し、ドライバーズチャンピオンは第15戦日本GPで両者の接触によりプロストに決ま るという、F1史上最大とも言われるドラマが展開されたマシンです。

そしてもう一台、鈴鹿サーキット初開催の1987年F1日本グランプリ優勝マシン、フェラーリF187が鈴鹿サーキットにもどってきました。ドライバーは元F1ドライバーの中嶋一貴選手。

1987年、鈴鹿サーキットで初めてF1日本GPが開催されました。この記念すべきグランプリの勝者が、2位のセナに17秒もの大差をつけて制した、フェラーリ1年目の若手ゲルハルト・ベルガーでした。それまで30戦以上勝利から遠のいていたフェラーリを優勝に導いた、ベルガーの駆ったマシンがこのフェラーリF187なのです。

昨晩からの雨の影響で、路面がハーフウェットだったためアクセル全開での走行ができず残念でしたが、歴代のF1マシンが鈴鹿サーキットで再び走るというのは感慨深かったです。

ご自身のラジオでFM78.3に合わせると、レース中に場内放送で流れている実況を聞くことができますよ! 鈴鹿市内であれば、サーキットにいなくてもご自宅やクルマの中で聞くことが可能で、とっても便利。ぜひ聞いてみてくださいね!!

(yuri)

【F1女子のF1日本GP2016】あの伝説のF1マシンが鈴鹿サーキットによみがえる!!(http://clicccar.com/2016/10/08/405962/)

【関連記事】【速報・F1日本GP2016】ホンダ地元鈴鹿で予選敗退! トップはメルセデスのニコ・ロズベルグ !!もしも六本木の夜にF1が開催されたら? ルノースポール発表会にジョリオン・パーマー登場!【F1女子の日本GP2016】最高な観戦ポイントはここ! 鈴鹿ならではの楽しみを紹介!!