「リフトバック」って何? トヨタ独自のボディタイプの名称です【Corolla Stories 35/50】

「ミニバン」といえば多くの人たちがクルマの形を想像できるでしょうが、実はクルマの形にはいろいろなものがあります。

「セダン」はトランクが独立している、一般的なタクシータイプ。重心が低く安定していて、静かで快適です。そしてクーペは、わかりやすくえばセダンの2ドア版で、2人乗車をメインに考えたもの。カッコ良くするために、後席部分を小さくしたり無くしたり、ルーフも小さくしたものもあります。

「ハッチバック」は、トランクが室内とつながったワンルームタイプ。使い方はセダンと一緒ですが、リヤシートを倒すなどして、荷物をたくさん入れることもできます。ただしトランクと室内がつながっているので、ちょっとうるさくなる傾向もあります。

そして「ステーションワゴン」は、セダンのルーフを延長して荷室部分を大きくして、リヤにゲートをつけて荷物をたくさん積めます。人もしっかり乗れて、荷室も広いタイプ。

さてところで、トヨタには一時期「リフトバック」というバリエーションがありました。これはなんでしょうか。実はこれはトヨタだけの呼び方です。一般的には上に跳ね上げるドアということで、潜水艦のハッチゲートをイメージし、ハッチバックと呼ばれます。

一番メジャーなもので言えば、セリカリフトバック。基本的にはハッチバックなのですが、トヨタではこのように呼んでいたのです。このスタイルはファストバックのマスタングをリスペクトしたものでしたが、ハッチゲートを持たせることで、若者のニーズに応えて多目的性をもたせたものでした。

スタイリッシュなセリカがリフトバックと名乗ったので、ちょっと高級に思えたものでした。

そしてリフトバックはカローラにも登場しました。1976年に3代目に追加になったのが最初です。

そのスタイルは2ドアクーペをベースとして、ルーフを延長したハッチバックモデルでした。長いリヤサイドウインドウが印象的で、まさに最近またコンセプトカーなどて登場し始めているシューティングブレークのスタイルでした。

シューティングブレークとは、イギリスで発祥した狩猟用の車。高い機動性を持たせた2ドアで、リヤゲートを備えて荷物が多く積めるモデルです。貴族御用達という面もあり、ジャガーなど高級な2ドアクーペをカスタマイズして仕立てることもあったようです。

そんなちょっとおしゃれな車が、日本にもあったというのは驚きですね。そいうえば、かつてのアコードエアロデッキもその仲間といえるでしょう。

(文:モーターファンアーカイブ/松永大演)

【関連リンク】

カローラ生誕50年記念フェスが、10/22(土)にMEGA WEBで開催されます。

日時:10月22日(土)11:00〜16:00
場所:MEGA WEB トヨタ シティショウケース1F・ライドワン
入場料:無料

カローラに縁の深いゲストのトークショーや歴代カローラの実車展示など、カローラファンが楽しめるイベントを実施。詳しくは、MEGA WEBのイベント紹介ページをご覧下さい。

クリッカーではカローラのお誕生日を祝うべく、50周年にちなんだカローラ秘話「カローラ50のストーリー」を紹介しながら、毎日カウントダウンを行なってお祝いする「Corolla誕生50周年企画」をスタートしています。

特別企画やカローラ誕生イベントなども順次ご案内していきますので、”カローラ生誕50周年記念企画”バナーから毎日確認してくださいね!!

そして「カローラと私」では、読者からの投稿をお待ちしています。投稿をお願いしたいのは、カローラと一緒の写真やカローラについての思い出。こちらも奮って投稿してください。

そのほか、歴代カローラの人気投票も実施中です。ぜひご参加下さい。

「リフトバック」って何? トヨタ独自のボディタイプの名称です【Corolla Stories 35/50】(http://clicccar.com/2016/10/12/406557/)

【関連記事】トヨタのコミュニケーションロボ「KIROBO mini」、今冬先行予約開始!トヨタ自動車が上半期(4-9月)の登録車販売ランキングでTOP3を独占!これってミスプリ!? 左ハンドルのカローラが日本のカタログの表紙に【Corolla Stories 34/50】