【SUPER GT2016】お台場はパブリックビューイングの聖地となるのか?

【SUPER GT2016】お台場はパブリックビューイングの聖地となるのか?

【SUPER GT2016】お台場はパブリックビューイングの聖地となるのか?の画像

10月9日の現地時間15時にスタートが切られたSUPER GTの海外ラウンド「2016 AUTOBACS SUPER GT Round7 BURIRAM SUPER GT RACE」の決勝レース。

ブリーラムの現地で観戦できなくても、J-Sportsやニコニコ生放送で生中継を観戦できるので、ご覧になった方は多いのではないでしょうか。でも、せっかくなら一人で見るよりも、同じメーカーやチームを応援する人たちと見たほうが絶対に面白いはず。

そこで、参加メーカーやチームがパブリックビューイングを開催しています。日産であれば横浜のグローバル本社ギャラリー、スバルであれば恵比寿の本社ショールームなど。

トヨタはお台場のMEGAWEBでパブリックビューイングを開催しています。

解説はSUPER GTの前身であるJGTCで活躍したチャンプFUJITAさん。軽妙でわかりやすい解説が好評です。

整理券制で入場は無料ですが、この日は、というか毎戦すぐに整理券がなくなってしまうという盛況ぶり。来場者にはLEXUSの旗が記念品として配られます。

今回のタイ戦ではGT500がLEXUS、GT300がトヨタと、来場者のお目あてなチームが優勝を果たしていることもあって、ゴールの瞬間はモニターに向かって皆さんが旗を振って優勝をお祝いしていました。トヨタ&LEXUSファン、かなり熱いですね。

MEGAWEBのすぐ隣、Zepp Tokyoの2階にある東京カルチャーカルチャーではグッドスマイルレーシングがパブリックビューイングを開催。

グッドスマイルレーシングは、毎年海外ラウンドの際はパブリックビューイングを開催しています。

こちらは有料ですが、会場がいわゆるパーティースペースのため、レースを観戦しながら飲み物や料理をオーダーできるのが特徴です。

解説はグッドスマイルレーシングの大橋コミュニケーションダイレクターと、このチームのレースクイーンである荒井つかさちゃん。元チーム監督の大橋DMが詳しい解説をしてくれるのは当然ですが、なんと荒井つかさちゃんも独自視点でレース論を披露してくれます。

その的確さは、プライベートでスーパーフォーミュラー観戦に行ってしまうというくらいの隠れたレースファンぶりがいかんなく発揮されたもの。

レース終了後は撮影会タイムやグッズ販売もあって、個人スポンサーなら納得満足の内容となっていました。

この2つのパブリックビューイングがわずか数十mの範囲で行われ、どちらも大盛況というお台場エリア。

パブリックビューイングの聖地といっても過言ではない、といえるのではないでしょうか。

(写真・文:松永和浩)

【SUPER GT2016】お台場はパブリックビューイングの聖地となるのか?(http://clicccar.com/2016/10/14/406723/)

【関連記事】【SUPER GT2016】第7戦タイはタイヤ無交換作戦を敢行したVivaC 86 MCがGT300優勝!【SUPER GT2016】第7戦タイ、初優勝でGT500を制したのはWedsSport! シャンパン飲めないルーキーも登場!!【SUPER GT2016】第7戦タイはGT500がWeds、GT300はVivaCがポールポジション獲得