20年ぶりの復活!BMW・8シリーズの次世代型を捕捉

20年ぶりの復活!BMW・8シリーズの次世代型を捕捉

20年ぶりの復活!BMW・8シリーズの次世代型を捕捉の画像

1999年まで生産されていたBMWのフラッグシップ・クーペ『8シリーズ』が、20年ぶりに帰ってくる事が分かりました。

次世代型「8シリーズ」は、現行の『6シリーズ』の後継モデルにあたります。過去に「3シリーズ クーペ」が、「4シリーズ」へ移行したケースと同じです。

ライバルをメルセデスベンツ「Sクラス クーペ」など、最高級クーペを想定しているため、現行6シリーズよりハイクオリティな装備、質感を持たせるといいます。

まだフルカモフラージュですが、2013年に公開された「ピニンファリーナ・グランルッソ・クーペ」の意匠を継ぐ、ワイドなキドニーグリル、グラマラスなボディ、つり上がったヘッドライトなどが確認できます。

パワートレインは、3リットル直列6気筒ターボ、及び4リットルV型8気筒エンジンを搭載。ハイエンドモデルにはV型12気筒モデルも予想されています。

ワールドプレミアは2019年とレポートされており、クーペ登場後、派生モデルとなるカブリオレもラインナップに加わりそうです。

初代8シリーズは、高級車の割にトランクや室内が狭いなど、実用性が良かったとは言えず、当時ライバルであったメルセデスベンツ「SL」に販売面で惨敗、この次世代モデルにかけるBMWの意気込みは相当なものと伝えられています。

(APOLLO)

20年ぶりの復活!BMW・8シリーズの次世代型を捕捉(http://clicccar.com/2016/10/14/406811/)

【関連記事】707馬力のヘルキャット・エンジン搭載!ダッジ・チャレンジャーにモンスターモデルが追加610ps/800Nm! 100キロまで3.7秒!! BMW 7シリーズの最強グレード「BMW M760Li xDrive」予約受注を開始これは7シリーズ顔負け!? 7代目となる新型BMW 5シリーズがデビュー