マツダがSUV「CX-9」増産へ!CX-4国内発売の可能性は?

マツダがSUV「CX-9」増産へ!CX-4国内発売の可能性は?

マツダがSUV「CX-9」増産へ!CX-4国内発売の可能性は?の画像

世界的にSUVの人気が高まるなか、マツダがSUVの2018年度の世界販売台数を昨年度実績の約1.5倍となる80万台程度に増やす計画を掲げています。

同社は、広島市の本社工場で生産しているSUV「CX-9」の生産を10月以降、これまでの3割増となる月産5,500台体制を敷いており、5万台/年の販売を見込んでいるそうです。

現在米国で「CX-9」を2,000台/月ペースで販売しており、オーストラリアやサウジアラビアでも人気が高いそうで、当面堅調な需要が見込めると判断した模様。

同車は昨年11月のロサンゼルスオートショーでワールドプレミアされた7人乗りのSUV。

254ps/42.9kgmを発生する2.5L SKYACTIV4気筒ターボエンジンを搭載し、全長5,065mm×全幅1,930mm×全高1,728mm、ホイールベースが2,870mmと、レクサス「LX」に匹敵する大型モデル。

https://www.youtube.com/watch?v=Aik2ys7OrBU

新聞報道によると、国内市場で「デミオ」が苦戦するなか、収益性の高いSUVを軸に海外販売を増やすことで国内の販売減をカバーする考えのようで、今後はアジアでも発売する予定になっているようです。

また、同社は今年4月の北京モーターショーで、CX-5、CX-3に続くクロスオーバーSUV「CX-4」をワールドプレミアしました。

車両サイズは、全長4,633mm×全幅1,840mm×全高1,535mm、ホイールベースが2,700mmとなっており、これまでのマツダCXシリーズで最も車高が低く、スポーティなデザインを採用。全長が現行CX-5(4,540mm)よりも長いのが特徴です。

マツダは中国で今年の6月に既に「CX-4」の販売を開始しており、発売後1ヶ月が経たないうちに1万台以上を受注するなど、売れ行きは好調に推移しているようです。

一方、国内向けには、2012年2月に発売した「CX-5」のフルモデルチェンジが来年2月に迫っている模様。

現行モデルは世界累計生産台数が100万台超えるヒットモデルとなっており、11月のロサンゼルスモーターショー16での新型デビューが注目されます。

このように、世界規模でSUV人気が高まっているなか、マツダは積極的に新型SUVの導入に動いており、現時点では「CX-9」、「CX-4」共に日本に導入する予定は無いようですが、今後の動きが大いに注目されます。

(Avanti Yasunori・画像:マツダ)

【関連記事】

マツダのエンジニアが語った「共創」による開発体制とは?
http://clicccar.com/2016/10/11/403964/

トヨタが欧州でコンパクトSUV「C-HR」 の市販モデルを公開!
http://clicccar.com/2016/10/04/404598/

マツダ・CX-5の次期型はSKYACTIV-G 2.5T搭載で11月デビューか!?
http://clicccar.com/2016/09/30/403447/

富士SWに6千人のマツダファン!「787B」デモラン披露【動画】
http://clicccar.com/2016/09/30/403221/

【関連リンク】

MAZDA CX-9
https://www.mazdausa.com/vehicles/cx-9

MAZDA CX-4
http://www.faw-mazda.com/market/cx4yure/index.html

マツダがSUV「CX-9」増産へ!CX-4国内発売の可能性は?(http://clicccar.com/2016/10/12/406888/)

【関連記事】マツダのエンジニアが語った「共創」による開発体制とは?超個性派「シトロエン C4 CACTUS」が初回200台の限定発売。価格は238万円より25年ぶりの展示!マツダ787Bは18号車と55号車が並ぶ【Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY】