BMW・5シリーズ次期型のプラグインハイブリッドモデルは航続距離35kmの高性能!

BMWのミドルサルーン『5シリーズ』次期型にラインナップされるプラグインハイブリッドモデルを偽装の軽い状態でキャッチしました。

「5シリーズ」次期型には新型「7シリーズ」で採用されている、新軽量プラットフォーム「CLAR」を採用。カーボンファイバーなど軽量素材で100kg以上の軽量化とるといわれています。

現行モデルよりワイドで薄いキドニーグリルを採用、ヘッドライトのアウトラインは新型7シリーズを踏襲するデザインが予想されています。

今回捕捉したPHVには、ベーシックな「530e」とハイパフォーマンスの「540e」、2種類のグレードが設定されると見られます。

「530e」は最高馬力280psを発揮する2リットル直列4気筒ターボエンジン+電気モーターで、航続距離は35kmを発揮、「540e」は同エンジンをブラッシュアップし、最高馬力326psを発揮、航続距離は30km程度を発揮すると予想されます。

(APOLLO)

BMW・5シリーズ次期型のプラグインハイブリッドモデルは航続距離35kmの高性能!(http://clicccar.com/2016/10/16/407280/)

【関連記事】フルエアロ装着、BMW 最強レースカー「M4 GT4」公道走テストをキャッチ!メルセデスAクラス次世代型、ロー&ワイドなスポーツボディがニュルで躍動する!20年ぶりの復活!BMW・8シリーズの次世代型を捕捉