80年代はデジタルメーターをカローラまでが装備していた【Corolla Stories 40/50】

スピードメーターは指針式のものと思われがちですが、1980年代初頭には、デジタルメーターが大人気だった時代がありました。なぜデジタルが流行したかというと、この時期は電子制御への移行が進んだ時代だったからです。

これまで速度計は、車輪の回転でワイヤーを動かし、速度計に機械的にリンクしているものでしたが、それが電気信号で表示してもOKということで広がったものでした。

そこで日本では、1981年にトヨタ・ソアラといすゞピアッツァがデジタルメーターで登場ということになったのです。

そののちにはスペシャルティカーなどが追随することになりましたが、そんな中にカローラもあったのです。

それもなんと1983年発表の5代目。つまり、初代ソアラ発表2年後には、デジタルメーターは大衆車にまで及んでいたということです。

いわゆる「デジパネ」とも言われた「エレクトロニック・ディスプレイメーター」は、レビン/トレノだけでなく、同レイアウトのものがセダン系でもオプション設定されたのです。

とはいっても5ドア1600ZXのみの設定。0rpmから右上がりにアップしていく、バーグラフ式タコメーターの下に大きくデジタル表示するスピードメーターをレイアウト。計器盤左右には蛍光管式の水温計と燃料計が設置されてました。

計器盤の下部にはアナログ式となりますが、センターにオドメーターとトリップメーターがあり、その左右に各種警告灯が置かれました。この当時はデジパネの設定が大流行となっていたのですが、まさかカローラまでとは思いませんよね。

(文:カローラせんせい/小林敦志)

【関連リンク】

カローラ生誕50年記念フェスが、10/22(土)にMEGA WEBで開催されます。

日時:10月22日(土)11:00〜16:00
場所:MEGA WEB トヨタ シティショウケース1F・ライドワン
入場料:無料

カローラに縁の深いゲストのトークショーや歴代カローラの実車展示など、カローラファンが楽しめるイベントを実施。詳しくは、MEGA WEBのイベント紹介ページをご覧下さい。

クリッカーではカローラのお誕生日を祝うべく、50周年にちなんだカローラ秘話「カローラ50のストーリー」を紹介しながら、毎日カウントダウンを行なってお祝いする「Corolla誕生50周年企画」をスタートしています。

特別企画やカローラ誕生イベントなども順次ご案内していきますので、”カローラ生誕50周年記念企画”バナーから毎日確認してくださいね!!

そして「カローラと私」では、読者からの投稿をお待ちしています。投稿をお願いしたいのは、カローラと一緒の写真やカローラについての思い出。こちらも奮って投稿してください。

そのほか、歴代カローラの人気投票も実施中です。ぜひご参加下さい。

80年代はデジタルメーターをカローラまでが装備していた【Corolla Stories 40/50】(http://clicccar.com/2016/10/17/408046/)

【関連記事】価値観を変える21世紀のカローラ【Corolla Stories 39/50】9代目以降のカローラはまるで外車みたいなドアハンドルを採用【Corolla Stories 38/50】トヨタとスズキが共同会見。提携の噂はやはり本当だった!