ダウンサイジングターボを積んだ5代目ホンダCR-V、北米で発売間近!

ダウンサイジングターボを積んだ5代目ホンダCR-V、北米で発売間近!

ダウンサイジングターボを積んだ5代目ホンダCR-V、北米で発売間近!の画像

ホンダから新型CR-Vのオフィシャル画像が公開されています。

5代目となるCR-Vは、ロングノーズ、ロングホイールベースを強調するスタイリング。

存在感あるエンジンフードの下には、2.4リッター直噴エンジンに加え、1.5リッター直噴ターボエンジンが搭載されると発表されています。

サスペンションは、フロントがストラット、リヤがマルチリンクとなり、液封コンプライアンスブッシュを採用することで乗り心地を高めているというのがセールスポイントとなっています。

先進安全技術「ホンダセンシング」については、渋滞対応の追従クルーズコントロールを採用したこともフルモデルチェンジにおけるトピックとなっています。

また、ホンダとして初めてハンズフリータイプのパワーテールゲート(足をかざして開閉操作ができる)を採用しているのもニュース。

なお、1.5リッターターボの最高出力は190馬力、CVTや空力を考慮したボディなどにより、このクラスのSUVとしてはトップレベルの燃費性能を実現しているというのも注目点といえそうです。

日本では2016年夏に生産終了となっているCR-Vですが、根強いファンの目には北米でデビューする5代目モデルは、どのように映っているのでしょうか。

なお、北米市場においては2017年冬に発売されるということです。

(山本晋也)

ダウンサイジングターボを積んだ5代目ホンダCR-V、北米で発売間近!(http://clicccar.com/2016/10/18/408621/)

【関連記事】発売から1ヶ月。ホンダ・フリードの初速発表。先進安全技術は8割以上に装着新型「NSX」に期待するのは発想の転換!?【ゆとり世代のチョイ乗り報告】新型ホンダCR-Vが北米デビュー!! 日本向けはどうなる?