スズキの「全方位モニター付メモリーナビゲーション」が「Android Auto」に対応

スズキの「全方位モニター付メモリーナビゲーション」が「Android Auto」に対応

スズキの「全方位モニター付メモリーナビゲーション」が「Android Auto」に対応の画像

スズキが、軽自動車ではスペーシア・アルト ラパン・ハスラー、コンパクトカーではソリオ・イグニスにメーカーオプション設定しているApple「CarPlay」対応の「全方位モニター付メモリーナビゲーション」。

ハーマンインターナショナルとの共同開発によるもので、スマホ連携では多彩なスマホ・アプリに対応する「NaviCon」、インターネットラジオの「aha」をはじめ、先述したApple「CarPlay」にも対応しています。

2016年10月17日に発表されたのは、「Android Auto」への対応。

Android搭載スマートフォンをUSB接続することで、通話や音楽再生、メッセージなどスマホの様々な機能をナビ画面で操作が可能。また、音声認識機能を使った操作にも対応します。

ほかにも、より高精度の渋滞回避案内が可能となる新交通情報サービス「VICS WIDE」や、ETC2.0車載器と連携した高速道路料金割引などの新サービスにも対応することでドライブをサポート。

すでに上記5車種の対応車種で全方位モニター付メモリーナビゲーションを利用しているユーザーは、今回配信のソフトウェアに更新することで機能を向上させることができます。

また、今後の生産車については、ソフトウェア更新済の全方位モニター付メモリーナビゲーションが搭載されることになります。

(塚田勝弘)

スズキの「全方位モニター付メモリーナビゲーション」が「Android Auto」に対応(http://clicccar.com/2016/10/19/408900/)

【関連記事】スズキを代表するスーパースポーツバイク、新型「GSX-R1000」「GSX-R1000R」発表!トヨタとスズキが共同会見。提携の噂はやはり本当だった!スズキとトヨタが業務提携を検討する狙いとは?