カローラのトランクがバンパーレベルから開くのは、欧州ディーラーのおかげ!?【Corolla Stories 42/50】

カローラのトランクがバンパーレベルから開くのは、欧州ディーラーのおかげ!?【Corolla Stories 42/50】

カローラのトランクがバンパーレベルから開くのは、欧州ディーラーのおかげ!?【Corolla Stories 42/50】の画像

初代カローラの特徴といえば、ちょっと目立たないのですがトランクの開き方にあります。1950年代や60年代の車は、バンパーレベルから開く車と、ふたのように上だけが開くものが混在していました。

初代カローラのトランクは、リヤバンパーの高さから開きます。しかし、2代目からは上側しか開かなくなり、その後バンパーレベルから開くのは、1983年の5代目以降を待たなければなりませんでした。

現代では当たり前のことなのですが、この採用にはちょっとした裏話があったのです。

歴代カローラの開発にあたっては、現在の認識としてはバンパーレベルから開くことは重要だと言われます。

それはスイスのトヨタディーラーが関係していました。かつての開発者たちは、スイスのトヨタディーラーに呼ばれて現地に訪れました。そこには、ビールケースやら、水など重いものが並べられていたといいます。

それで車に乗せてみろ、と言われ乗せてみたところ、その重さに辟易したとのことです。欧州ではスーパーマーケットで1週間分の食料を週末にまとめて買うために、大きな荷物を乗せられなければならないということでした。そうした作業が大変な車であってはならない、といいうのが欧州の常識だったのです。

そうしたことから5代目以降のカローラは、バンパーレベルからトランクが開くようになったのです。これはよく聞かれる話でしたが、ではなぜそれまで日本のメーカーはバンパーレベルから開くことを軽視していたのか、ということが問題です。

実はそこには、極めて日本的な問題がありました。日本は、重いものを買いに行かなくて良い消費システムがあったのです。

かつての日本では酒屋が御用聞きと呼ばれ、酒類や塩、砂糖と言ったものは直接注文を受け、届けてくれていたのです。米屋も同様でした。古い家にあった勝手口とは、御用聞きの訪問販売のための窓口だったのです。重いお米も、この勝手口に届いたのです。

ですから、多くの開発者は、海外で重いものをまとめ買いする習慣など意識することすらなかったようです。

このような、極めて日本らしい習慣というのはまだまだありそうですね。ちょっと関連のないようなことが、開発に大きく関わってくることは非常に興味深いことだと思いませんか。

(文:10/24発売・歴代カローラのすべて/松永大演)

【関連リンク】

カローラ生誕50年記念フェスが、10/22(土)にMEGA WEBで開催されます。

日時:10月22日(土)11:00〜16:00
場所:MEGA WEB トヨタ シティショウケース1F・ライドワン
入場料:無料

カローラに縁の深いゲストのトークショーや歴代カローラの実車展示など、カローラファンが楽しめるイベントを実施。詳しくは、MEGA WEBのイベント紹介ページをご覧下さい。

クリッカーではカローラのお誕生日を祝うべく、50周年にちなんだカローラ秘話「カローラ50のストーリー」を紹介しながら、毎日カウントダウンを行なってお祝いする「Corolla誕生50周年企画」をスタートしています。

特別企画やカローラ誕生イベントなども順次ご案内していきますので、”カローラ生誕50周年記念企画”バナーから毎日確認してくださいね!!

そして「カローラと私」では、読者からの投稿をお待ちしています。投稿をお願いしたいのは、カローラと一緒の写真やカローラについての思い出。こちらも奮って投稿してください。

そのほか、歴代カローラの人気投票も実施中です。ぜひご参加下さい。

カローラのトランクがバンパーレベルから開くのは、欧州ディーラーのおかげ!?【Corolla Stories 42/50】(http://clicccar.com/2016/10/18/409268/)

【関連記事】どちらからでも挿せる「両さしキー」は、初代カローラから始まった【Corolla Stories 44/50】国内販売のカローラで全幅が一番広いモデルは…【Corolla Stories 43/50】カローラvsサニーの歴史上、ここまでするか!?という高級装備は?【Carolla Stories 41/50】