一式67万円!DIATONEが車載用の高級スピーカーを発売

一式67万円!DIATONEが車載用の高級スピーカーを発売

一式67万円!DIATONEが車載用の高級スピーカーを発売の画像

今年で誕生後70周年を迎えた国産オーディオブランド「DIATONE」(ダイヤトーン)から車載用高級スピーカー「DS-SA1000」が登場しました。

おりしも同社がハイエンドカーオーディオ市場に参入後、10周年を迎えるのを機に、11月15日に発売を予定しているそうです。

同スピーカーの2ウエイセット(3.6cmツゥイーター×2、17cmウーファー×2、ハイ&ローパスフィルター)の価格は、なんと67万円(税別)。

スピーカーのコーン材(振動版)に求められるのは強度、軽さ、固有音の無さの3要素とされており、それぞれが相反する性質を持っているといいます。

同商品の場合、構造自体は従来から変わりませんが、トゥイーター(高音用)のコーンに音の解像度が高い「ボロン材」を使用しているのが特徴。

従来の「プラズマ溶射法」に代わり、新たに「新常圧焼結セラミックス製法」を採用したことで、理想的なコーン形状に成形することが可能になり、広帯域再生能力と高エネルギー密度再生能力が向上しているそうです。

一方、ウーファー(中低音用)のコーンには新たに開発した新素材「NCV」(Nano Carbon Velocity)が使われており、カップ積層型カーボンナノチューブの採用や、原料配合の最適化を図り、音の伝搬速度を向上させているとのこと。

これにより、正確かつ効率的に空気を振動させることで、微細な音楽表現が可能となり、低音量でもリアルで存在感の有るサウンドが得られるようになっている模様。

ダイヤトーンでは発売に先立ち、同システムをメルセデス・ベンツ「Aクラス」(A180スポーツ)に組み込んで各地で試聴会を開催しており、情報によると、かなりの高評価を得ているそうです。

同車の場合、標準で「DIATONE」のオーディオシステムが採用されていることもあり、元々サウンド面では不満が少ないようですが、「百聞は一聴にしかず」ということで、読者の皆さんも機会があれば更に上を行く67万円のサウンドを経験されてみてはいかがでしょうか。

(Avanti Yasunori・画像:DIATONE)

【関連リンク】

DS-SA1000(スピーカー)
http://www.mitsubishielectric.co.jp/carele/car_diatone/product/ds-sa1000/index.html

DIATONE試聴用デモカー情報
http://www.mitsubishielectric.co.jp/carele/car_diatone/democar/mercedes-benz_a180sports/index.html

一式67万円!DIATONEが車載用の高級スピーカーを発売(http://clicccar.com/2016/10/19/409327/)

【関連記事】依然高いニーズのある1DINカーオーディオをケンウッドが新発売ポルシェ・パナメーラにオプション設定されるカーオーディオが純正オーディオの流れを変える!?カーオーディオをハイレゾ対応にする車載向けICを旭化成エレクトロニクスが発売