どちらからでも挿せる「両さしキー」は、初代カローラから始まった【Corolla Stories 44/50】

家に帰って部屋に入るときに使うドアを開けるキー、鍵穴に挿す方向が決まっている鍵があります。挿せない場合は180度反転してみたり、という経験のある人は少なくないでしょう。

ところが車では、キーを挿していた時代に、方向を気にしたことは全くなかったはずです。これを「両ざしキー」ともいうのですが、その言葉すらご存知ない人も多いでしょう。

それもそのはず。実は上下の刻みが対称となる方向性のないキーを最初に使ったのは、50年前に誕生した初代カローラだったのです。それから日本車にはこの両ざしキーがどんどん広がったので、今現在のキーを挿す車で、上下の方向性を気にする人はいないはずなのです。

それ以前であれば、特に暗闇ではキーが1回で合う確率は50%。かなり面倒な存在でした。

さらに興味深いのは、高級車にはマスターキーとサブキーという2つの鍵があったことです。これはスペアキーではありません。サブキーというのは、トランクが開かないキーのことで、ホテルで車を預ける場合などに渡せばトランクを開けられることがないというものです。

安心でもありますし、ちょっとセレブな感じでもあったのでしょうね。もちろんその後は多くの車が採用するようになりました。

(文:10/24発売・歴代カローラのすべて/松永大演)

【関連リンク】

カローラ生誕50年記念フェスが、10/22(土)にMEGA WEBで開催されます。

日時:10月22日(土)11:00〜16:00
場所:MEGA WEB トヨタ シティショウケース1F・ライドワン
入場料:無料

カローラに縁の深いゲストのトークショーや歴代カローラの実車展示など、カローラファンが楽しめるイベントを実施。詳しくは、MEGA WEBのイベント紹介ページをご覧下さい。

クリッカーではカローラのお誕生日を祝うべく、50周年にちなんだカローラ秘話「カローラ50のストーリー」を紹介しながら、毎日カウントダウンを行なってお祝いする「Corolla誕生50周年企画」をスタートしています。

特別企画やカローラ誕生イベントなども順次ご案内していきますので、”カローラ生誕50周年記念企画”バナーから毎日確認してくださいね!!

そして「カローラと私」では、読者からの投稿をお待ちしています。投稿をお願いしたいのは、カローラと一緒の写真やカローラについての思い出。こちらも奮って投稿してください。

そのほか、歴代カローラの人気投票も実施中です。ぜひご参加下さい。

どちらからでも挿せる「両さしキー」は、初代カローラから始まった【Corolla Stories 44/50】(http://clicccar.com/2016/10/19/409392/)

【関連記事】国内販売のカローラで全幅が一番広いモデルは…【Corolla Stories 43/50】カローラのトランクがバンパーレベルから開くのは、欧州ディーラーのおかげ!?【Corolla Stories 42/50】カローラvsサニーの歴史上、ここまでするか!?という高級装備は?【Carolla Stories 41/50】