愛車を持ち込んで受験する自動車免許もあるんです【クルマにまつわる免許・資格おさらい】

今年の夏の行楽の予定は決まっていますか? 「目的地の近くで思うように宿が取れなくて……」なんて人の中には、「キャンピングカーがあれば」と思った人もいるのではないでしょうか?

旅先で自由度が増すキャンピングカーは、憧れのアイテム。ペット連れでも気兼ねなく出かけられることもメリットのひとつです。その中でもキャンピング・トレーラーは、普段は切り離して置いておき、旅の時だけつないで使えるのも魅力です。

実は、そのキャンピング・トレーラー。引っ張るにあたって、特定の免許が必要なものと、そうでないものがあるのをご存知ですか?

そもそも、けん引車両といえば、大きな海上輸送用のコンテナ(海コン)を載せたトレーラーをトレーラートラクタにつないで走っているシーンを思い浮かべるのが一般的かもしれません。

そのため、普通自動車免許だけを持っているドライバーからすれば、ちょっと他人事のような話かもしれませんが、キャンピング・トレーラーでも重さによって、けん引免許が必要な場合があるのです。

けん引免許は、普通・準中型・中型・大型・大型特殊自動車などの自動車で、被けん引車(トレーラーやキャンピング・トレーラー)などをけん引する際に必要な免許です。

銀色に輝くボディで有名なエアストリームなど、総重量が750kgを越えるキャンピングトレーラーは、このけん引免許が必要となります。

さらに、けん引免許には車両総重量が750kg超〜2000kg以下のトレーラーに限ってけん引が許される限定免許があります。比較的大型のキャンピングトレーラーなどでも、このカテゴリーに入ります。

ところがこの限定免許、教習所に試験車両がなく、教習が行われていないのが実情なのです。

教習所に試験車両がなく、教習が行われていない限定付きのけん引免許は、運転免許試験場でも試験車両がないため、車両の持ち込み受験となります。

そして、ケースによっては、実際に自分がこれから免許を取ってけん引する予定のトレーラー、そのものズバリを持ち込むことになる場合ものあるのです。

ということは……そうです、まだ免許を取得していないので現地までトレーラーを自分の運転で引っ張ってくるワケにはいきません。そのため、受験の際には試験場までけん引免許を持っている誰か別の人に、試験車両を運んでもらう必要があります。

なお車輌総重量が750kg以下となるのキャンピングトレーラーやそのほかのトレーラーは、けん引免許が不要です。比較的小型で外板がFRPでできているようなキャンピングトレーラーや、自動二輪を積むような小型のトレーラーなどは、この範疇に入るものがあります。

けん引免許は18歳以上で受験資格がありますが、視力検査が普通自動車免許と異なり、視力が両眼で0.8以上(1眼で各0.5以上)であることのほか、深視力検査が加わります。これは、物を立体的に見る力や遠近感が正常に備わっているかを調べる検査です。

実際の検査機械には、覗き窓から除いた2.5m先に3本の棒が立っており、そのうち中央の棒が前後へ移動していくので、左右の棒と同じ距離にきた時にスイッチを押すなどするものです。中央の棒は3回、左右の棒の間を通過しますが、その度に2cm以下の誤差で揃ったタイミングを認識できれば合格となります。

いかがでしょう。免許要らずで、ぱっと取り付けて、出かけたい時に行きたい場所へ行ける小型のキャンピング・トレーラーも魅力的ですが、けん引免許が必要とはいえ、家のように大きなキャンピング・トレーラーをけん引するのも夢がありますね。

(古川教夫)

愛車を持ち込んで受験する自動車免許もあるんです【クルマにまつわる免許・資格おさらい】(http://clicccar.com/2017/06/07/460152/)

【関連記事】走行中の車線変更、車両通行帯が白破線だと変更可・黄色線は不可。では白実線は?【今さら聞けない交通ルール】黄色い実線のセンターラインでも追い越しができる場合があるってホント?【今さら聞けない交通ルール】右折レーンはいつでもUターンしていいの?【今さら聞けない交通ルール】