普段履き感覚のアクティブなプジョー2008で、女子力アップは足元から!<後編>

プジョー2008 GT Lineで、千葉県木更津に向かった、タレントの「かえ ひろみ」さん。仏製コンパクトSUVのレポート、後編です!

エンジンは1.2Lの3気筒ターボエンジン。マイナーチェンジ前は同じ直列3気筒の1.2Lですがターボなし。アイドリング中は「軽自動車っぽい」サウンドで心なしか頼りなかったのですが、いざ走り出すと力強く加速して楽に高速巡航できるのには驚きました。

試乗中はスタッフを含めて5名乗車で移動しましたが、高速の合流や発進加速もストレスなくこなせます。振動も少なく「1500回転で1.6Lの自然吸気エンジンを上回る強大なトルクを発生する」というカタログの表記に偽りはありません。

マイナーチェンジではトランスミッションも5速MTベースのETGからトルコン式の6速ATに変更されています。各ギアのつながりがとても滑らかで変速ショックを伝えず、1.2Lターボエンジンとの相性も抜群です。

GT Lineは駆動輪に伝わるエンジントルクとブレーキの制動力を制御して滑りやすい路面の走行をサポートするグリップコントロールを標準装備。こういういざという時に役立つ仕掛けは頼もしいですね。

さらにさらにこの2008GT Lineには、オールシーズンタイヤのグッドイヤー「ベクター フォーシーズンズ」が標準採用されています。

このオールシーズンタイヤというのは、その名の通り、一年間四季を気にせずそのまま使えてしまうタイヤです。つまり、よほどの雪国でなければスノーでも走れちゃいます。もちろん、ドライ路面でのハンドリングや乗り心地は普通の夏タイヤに近い性能も併せ持っていて、ウエット路面での排水性も抜群。マルチな性能を発揮してくれます。

タレントさんでもマルチな才能は重要ですが、タイヤにとってもマルチな才能はありがたいものです。

というのも、その才能というのは、いざという時の走破性を持ち合わせているだけではありません。いろんなスポーツなどアクティブに楽しみたいのに、季節やそれぞれのシーンでタイヤを履き替えるのはちょっと大変。だったら、このオールシーズンタイヤを履いていれば一年中思い立ったときに直ぐ出かけられるという安心感で気持ちもアクティブに切り替わりそうです。そういう気持ちにさせてくれるのって、とっても大事だと思います。

2008ってフロントシートとリヤシートに座った時の印象がまったく違うんですよ。フロントシートは「まるでスポーツカー」って錯覚するぐらい座面や背もたれのサポートが張り出していて、座った時に体全体が包み込まれるのでワインディングを元気よく走ってもドラポジが崩れません。ステアリングも小径で切り始めからクイックに動くし、ATはマニュアルモード付き。特にGT Lineはメーター周囲を赤色LEDで縁取りするなどヤル気満々。クルマ好きのツボを押さえた演出がニクイですね。

気になっていたのがルーフの盛り上がり。リヤシートに座ってみてその理由が分かりました。「盛り上がり」のおかげで頭上と天井の間に余裕があるんですよ。オプションのパノラミックガラスルーフは天井全面がガラス張りになるので開放感抜群。これで星空を眺めたら楽しいだろうなぁ。リヤシートは3人掛けですが、足元も広くてゆったり座れます。前席はスポーティなのに後席は実用的という二面性も2008のキャラクターですね。

アウトドア用品やスノーボード、サーフボードなど遊びのアイテムを積む機会の多いSUVだけにラゲッジルームの積載力は優れています。リヤシートバックは6:4分割可倒式。シートバック上のスイッチを押すだけの1アクションでラゲッジの床が全面フラットになります。

リヤシートを倒した状態でのラゲッジの長さは140cm、幅は100cm。斜めになれば私でも余裕で寝られそう。エアマットを敷いて車中泊したり、コンパクトなローテーブルを置いてくつろいだりと、いろいろ使えそうです。

・・と、『clicccar』読者の方々のために、わざわざ水着になってくれたかえちゃん。さすがは”現役”グラビアアイドルです・・。

車高の高いSUVのメリットは普通のクルマだとバンパーやクルマの底を摺ってしまいそうな場所でも気にせず乗り入れられること。雪が道の真ん中に溜まってカマボコ状になっていたり、石がゴロゴロ転がっている河原、ぬかるんだキャンプ場など「あと数センチ車高が高ければ通れるのに〜」という場面が結構あるんですよね。

オフロードもガンガン走れるランクルやジムニーだとオーバースペックだけど、もう少し行動範囲を広げたい。そんなアクティブな人に2008はぴったりだと思います。SUVっぽいルックスとかスタイリッシュなデザインが気に入ったならAllureでも十分ですが、私ならグリップコントロールの付いたGT Lineを選びます。Allureより23万円高くなりますが、季節外れの雪やみぞれなど「もしも」の時でもスノーモード&オールシーズンタイヤで安心して走れるのは心強い。FFなので四駆に比べて燃費がいいのもドライブ好きには助かります。

ナイトドライブで感動したのがルーフに仕込まれたウェーブ状のLED照明。照明ひとつにも遊び心を盛り込むあたりがフランス人の豊かな感性なんですね。

個人的にはマイナーチェンジ前の柔らかな顔つきのほうが好みですが、シンボルのライオンエンブレムがボンネットの先端からグリルのど真ん中に移動してプジョーブランドのアピール度は格段にアップ。「フランス生まれの小粋なSUV」として再注目されそうです。

(文:湯目由明/モデル:かえ ひろみ/ヘア&メイク:中田愛美/写真:ダン・アオキ)

■かえ ひろみ

グラビアやイベントのほか、ラジオでも大活躍中の紘実チャン。FM NACK5「Nutty Radio Show THE 魂(ソウル)(毎週水曜20:00〜23:00)」では話題沸騰の古坂大魔王の相方を務める。ラジオ日本「Hello! I,Radio(毎週金曜9:00〜11:00)」も好評オンエアー中。木目パネルが似合う国産4ドアセダンをこよなく愛し、愛車は中古の先代トヨタプレミオをチョイス。購入後9ヶ月で走行距離が2万qを超えるほどのドライブ好きで、道の駅巡りにもハマっている。

【関連リンク】

・プジョー2008

http://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/suv2008.html

・かえ ひろみ

http://ameblo.jp/6363117/

普段履き感覚のアクティブなプジョー2008で、女子力アップは足元から!<後編>(http://clicccar.com/2017/05/26/467656/)

【関連記事】普段履き感覚のアクティブなプジョー2008で、女子力アップは足元から!<前編>SUV強化中!プジョーのおすすめモデル・TOP3【2017年版】アウトドアにも出かけたくなるのも強みのオールシーズンタイヤ【ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド試乗】