ほどよいパワーとサスの動きが気持ちいい。4番目の90シリーズ「ボルボ・V90クロスカントリー」【VOLVO V90Cross Country試乗】

ほどよいパワーとサスの動きが気持ちいい。4番目の90シリーズ「ボルボ・V90クロスカントリー」【VOLVO V90Cross Country試乗】

ほどよいパワーとサスの動きが気持ちいい。4番目の90シリーズ「ボルボ・V90クロスカントリー」【VOLVO V90Cross Country試乗】の画像

ボルボは2014年のパリサロンでSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)という名前の新しいプラットフォームを使ったXC90を発表しました。

このXC90が新しい90シリーズ最初のクルマとなります。XC90は日本では2016年1月に発表されました。その後、90シリーズはS90、V90、V90クロスカントリーが今年2月に同時に日本で発表されました。

発表こそ同時だったS90、V90、V90クロスカントリーでしたが、実車の導入にタイムラグがあったため、まずS90、V90の試乗会を開催。続いて同タイプのスポーティモデルであるRデザイン、そして今回レポートするV90クロスカントリーという順番での試乗会となりました。

V90クロスカントリーはエステート(ステーションワゴン)の車高をアップするなどしたモデルで、エステートの乗用車ライクな部分と、車高アップによるSUVライクな部分が融合したモデルで、ちょうどV90とXV90の間に位置するクルマという感じと思っていただければいいでしょう。

今まで試乗した90シリーズはXC90が2リットル4気筒エンジンターボ&スーパーチャージャー+モーターのハイブリッドのT8でトータルスペックは407馬力/640Nm(欧州参考値)。S90、V90はT6と呼ばれるタイプで、同じパワーユニットのモーターレスで最高出力は320馬力、最大トルクは400Nmでした。

今回試乗したV90クロスカントリーはT5というモデルで、2リットル4気筒ターボで254馬力/350Nmのパワー&トルクでした。試乗したシリーズのなかではもっともロースペックな仕様ですが、とくに不足を感じることはありませんでした。

今回の試乗では上り勾配のキツい碓氷バイパスを通りましたが、不満は感じませんでした。組み合わされているミッションが8ATということもあり、きめ細かい変速で効率よくトルクを引き出してくれるのも大きな要因でしょう。

V90クロスオーバーはV90に比べて車高が55mmアップされています。装着されるタイヤはミシュランのラティチュードスポーツ3でサイズは235/50R19。V90のタイヤサイズは255/35R20なので、これよりも2サイズ細い設定となっています。

しかし、トレッドはフロントが+35mm、リヤが+25mmとなっています。実際に走らせてみるとクルマ全体としてみれば安定感は高く。V90に対しても優位なイメージです。乗り心地という面ではV90よりもいいフィーリングです。

V90クロスカントリーには走行モードをエコ、コンフォート、ダイナミックと3段階に切り替えられる仕様となっています。通常は、エンジンやシフト、ステアリング、ESCなどの制御特性が変わるだけですが、試乗車はエアサス仕様だったので、足まわりのセッティングも変更されます。

エコモードにするとかなり柔らかくなりそうなイメージですが、エコモードでも十分にきっちりとしていて、ワインディングでも気持ちよく走ることができます。

今回のV90クロスカントリーの試乗で、ひととおりの90シリーズを試乗しましたが、このV90クロスカントリーがサイズ感、パフォーマンス感ともに日本の道路との親和性が高いと感じました。国産のステーションワゴンが少なくなっている今、上級ステーションワゴンが欲しいという方は、一度検討してみるといいモデルであると言えるでしょう。

(諸星陽一)

ほどよいパワーとサスの動きが気持ちいい。4番目の90シリーズ「ボルボ・V90クロスカントリー」【VOLVO V90Cross Country試乗】(http://clicccar.com/2017/05/11/468353/)

【関連記事】ボルボ最上級セダン&ワゴンのRデザインは走りで選ぶ【VOLVO S90,V90 R-Design試乗】日産・ノートe-POWERの「ワンペダル」ドライブの魅力と秘密とは?日常生活では「ほぼEV」として使えそう!? 三菱・アウトランダーPHEVの「実燃費」はどのくらい?【公道試乗】