BMW・3シリーズよりも幅広になったミニ史上最大のMINIクロスオーバー【MINI CrossOver】

BMWから発売されているミニ。そのミニのクロスオーバーがフルモデルチェンジして新型となりました。先代のミニクロスオーバーも大きなボディで人気を博しましたが、今回の新型はそれを上回るサイズです。なにしろ全幅が1820mmとBMW3シリーズを上回るのです。

じつはBMW3シリーズの本国仕様の全幅は1811mmで、日本仕様はドアハンドルを日本専用品として1800mmの全幅を実現しています。これは、一般的なタワー式駐車場への入庫を可能にすること、マンション駐車場の規定をクリアすることなどが目的です。つまり、新しいミニはそうしたことが難しいクルマになったということが言えます。ちなみに全長は先代より195mm長い4315mm、全高も先代より45mm高い1595mmとなっています。

ミニクロスオーバーに搭載されるエンジンは2リットルのディーゼルターボで、クーパーD用が150馬力/330Nm、クーパーSD用が190馬力/400Nmとなっています。クーパーDはFFと4WD、クーパーSDは4WDのみの設定です。ガソリンエンジン+モーターのプラグインハイブリッド(4WD)も設定されますが、日本への導入は秋が予定されています。

エンジンのフィーリングはディーゼルターボらしいもので、低速からしっかりと図太いトルクを発生します。D、SDいずれも非常に力強い特性ですが、SDはそれが際立っています。試乗車には両モデルともにオプションでミニドライブモードと呼ばれる走行モードの切り替え装置が装着されていました。“ミッド”というモードが標準で、そのほかに“エコ”と“スポーツ”が用意されます。一番乗りやすいのは“ミッド”です。“エコ”にするとエンジンブレーキがあまり効かないようにして「滑走」させるので減速の扱いが難しくなります。“スポーツ”にするとトルクの盛り上がりがピーキーすぎて、ぎくしゃくした動きになりがちです。とくに190馬力のSDはその傾向が顕著になります。

ミニドライブモードは電動パワステの制御も変化させるのでハンドリングにも影響を及ぼします。ミニはもともとゴーカートフィーリングと呼ばれるキビキビした走りをウリにしていますが、ドライブモードを“スポーツ”にすることでその傾向はより強くなります。さらにSDには可変ダンパーのダイナミック・ダンパー・コントロールもオプション装着されていたため、“スポーツ”を選んだ際の動きは想像以上のピーキーさになります。これぞミニ……という方もいるでしょうが、ちょっとやり過ぎな感じを受けます。

さて、実用性ですがこれはなかなか素晴らしいものがあります。日本には数多くのクルマが輸入されていますが、日本人が輸入車にはとくにプレミアム感を求めるため、実用性の高いクルマがあまり輸入されません。そうしたなか、今回のミニクロスオーバーは高い室内高と角張ったボディ形状に助けられ、広々とした室内を実現しています。とくにリヤシートは国産ハイトワゴンのリヤシートのように、フラットなフロアと開放感のあるヘッドクリアランスが特徴の広々感があります。

先代モデル比プラス100リットルの450リットルの容量を確保しているラゲッジスペースの使い勝手もいいです。リヤゲートはバンパー下に足を入れることでオープンするようになっていて、両手がふさがっているときなどはかなり便利になっています。リヤシートは40/20/40の3分割なのでさまざまなアレンジが可能。オプションで設定されいているピクニックベンチは、リヤゲート開口部に2人分の簡易ベンチを作れるもの。ここに乗って、魚釣りでもしたら楽しさそうだな〜と思わせてくれる遊び心のある装備となっています。ピクニックベンチは普段はラゲッジフロア下に納めらていますが、使うときは引き出すだけで設置完了。収納もワンアクションで行えます。

現在用意されているモデルのなかでもっともリーズナブルなモデルがクーパーDのFFで386万円、同4WDは414万円、4WDのみの設定となるクーパーSDは483万円という価格設定です。BMW3シリーズが409万円から設定されていることを考えると、クーパーDのFFモデルが一番のおすすめとしたいところです。クーパーDでも走りのポテンシャルも十分に高いものとなっています。

(諸星陽一)

BMW・3シリーズよりも幅広になったミニ史上最大のMINIクロスオーバー【MINI CrossOver】(http://clicccar.com/2017/05/12/468926/)

【関連記事】ほどよいパワーとサスの動きが気持ちいい。4番目の90シリーズ「ボルボ・V90クロスカントリー」【VOLVO V90Cross Country試乗】日産・ノートe-POWERの「ワンペダル」ドライブの魅力と秘密とは?日常生活では「ほぼEV」として使えそう!? 三菱・アウトランダーPHEVの「実燃費」はどのくらい?【公道試乗】