雰囲気変わりすぎ!? 弄りたくなるバイク「ホンダ・rebel(レブル)250」のカスタムモデルがかっこいい!

雰囲気変わりすぎ!? 弄りたくなるバイク「ホンダ・rebel(レブル)250」のカスタムモデルがかっこいい!

雰囲気変わりすぎ!? 弄りたくなるバイク「ホンダ・rebel(レブル)250」のカスタムモデルがかっこいい!の画像

ついに日本でも発売が開始された「Honda レブル250」
乗り味もいいんですが、簡単にカスタムできることでも注目を集めているレブル。

様々なパーツメーカーがカスタムコンセプトモデルを出してるんです!

バイクパーツメーカー「DAYTONA」のカスタムコンセプトがこちら。

ちょっとカッコつけたいけど機能性も捨てられない!という声を汲みとってうまく両立させています。

ライト周りはスクリーンをつけて防風性アップ。フェンダーやラジエターカバーをメッキパーツにしてアメリカンな雰囲気も捨てていません。

エンジン周りはサイドカバーをメッキに。ステップもゴツイ系に交換されています。

エンジンガードも付いていて、もしものときも安心仕様になっています。アメリカンバイクにエンジンガードを付けるのは定番カスタムでもあるので浮いてる感じもせず、うまく溶け込んでいます。

テール周りは純正と比べるとかなり豪華になっています。タンデム用背もたれにサイドバッグまで!タンデムでロングツーリングしても荷物も積めるし背もたれもあるし、まさに「便利」です!

テールランプは一見純正にも見えますが、カスタムされていてここにもメッキを採用。荷物を積んでキャンプにも、ロンツーにも楽に出かけられそうな定番便利カスタムですね!

こちらはバイク、クルマのカスタムパーツメーカー「プロト」のコンセプトモデル。雰囲気がガラッと変わり、いかにもアメリカンスタイルな雰囲気になっています!

エッジの効いたライトカバーが「コワモテ感」を漂わせてます。

フォークにはスタビライザーも装着され豪華な感じがしますね〜。走り、というよりもちょうどいいアクセントになってます。

ステップも平べったいペダルに変更されています。

サイドカバーは穴あき加工され、タンクパッドも装着。キー部分にも板を貼ることで統一感が出ています。

グリップはまさかのアルミ製!アメリカンスタイルじゃないと似合わないですよね。

テールランプ、ウインカーも変更され。純正よりスマートなものに。このテイストだったら確かにこっちのほうがシュッとしててスタイリッシュです。

大きな形は変えず、バイクの魅力をもっと引き出す渋いカスタムでした!

今回紹介した以外にもカスタムモデルはまだまだあります。そこまで大きく手をかけずに雰囲気をがらっと変えてしまえるのもレブルの魅力。

こうしてカスタムモデルを見ていると自分もカスタムしてみたくなってしまいます。続々とカスタムパーツも出ているのでチェックしてみてください!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】

【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた

【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった

【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!

ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

雰囲気変わりすぎ!? 弄りたくなるバイク「ホンダ・rebel(レブル)250」のカスタムモデルがかっこいい!(http://clicccar.com/2017/06/12/469869/)

【関連記事】ついに乗った新型シビック・タイプR!今度のRは速いだけでなく快適だ【シビックタイプR試乗】完全自動運転が可能な「レベル4」を2025年に実現させる、ホンダの意気込みとは?北米のレースでV6ツインターボのアキュラ「NSX GT3」が初勝利。